デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2016 > 【カープ情報】2016.03.15 広島対ヤクルト オープン戦
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.03.15 広島対ヤクルト オープン戦

2016年3月15日に行われた、広島対ヤクルトのオープン戦の試合結果

広  島 030 100 040|8
ヤクルト 000 010 000|1

勝 福井 2勝0敗
負 舘山 0勝1敗
S -


【本塁打】新井1号

カープ先発の福井は、プロ入り以来神宮を苦手としているが、その神宮でのオープン戦での登板を志願したと伝わっている。
この気持ちは非常に好意的に受け止められる。

福井の投球は、初回から非常に安定しており、球数も少なく、見ていて安心感がある。
6回を投げて無四球という結果以上に、ランナーを背負って逃げの投球になる姿勢が全く見られず、相手からしても勢いに任せて攻略することが出来ないため、大量失点の怖さがない。

7回から登板のオスカルは、今まで同様のピッチングで、さらにわずか6球で1イニングを無失点で抑え、開幕一軍はほぼ決まり。
8回から登板のジャクソンは、ミート中心の打者3人との対戦で、若干粘られたものの問題なし。
9回から登板の今村は、今日は磯村ではなく、會澤とのバッテリー。
ストレートもスライダーも簡単に捉えられていた前回登板とは異なり、この試合ではなんの問題もなかった。

また、最終回、サードに入っている西川のサードファールフライの捕球は、難しい打球だったにもかかわらず、打球の追い方にセンスがあった。

一方でカープの攻撃は、會澤のレフト前ヒットでセカンドランナーの松山が本塁憤死したプレーで、ビデオ判定の後に本塁生還が認められるという先制点が入った。
打撃面だけで見ると、この機を活かして安部の2点タイムリーで追加点を奪った攻撃は良かった。

ただ、ヤクルト先発の舘山と対戦した5イニングで、3度盗塁死している走塁面は、今後も頭を悩ませそう。
実際、3点を奪ったイニングは盗塁死がない。

また、リリーフが登板してくる後半になると、8回から登板のペレスから4点を奪った1イニングで盗塁死はない。
新井の本塁打で追加点を奪うと、ペレスは制球を乱し、勝手にチャンスが転がり込んでくる。

1試合で10個も四球を与えてくれているのに、そのランナーをいらないと、お返ししてしまう余裕はない。
8回の4点の奪い方を見れば、開幕一軍を勝ち取った打者を信頼して任せるという選択肢の割合が大きくなったのではないかと思う。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター