デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2016 > 【カープ情報】2016.03.13 広島対DeNA オープン戦
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.03.13 広島対DeNA オープン戦

2016年3月13日に行われた、広島対DeNAのオープン戦の試合結果

DeNA 000 020 000|2
広 島 000 003 00×|3

勝 黒田 1勝1敗
負 平田 0勝1敗1S
S 今村 0勝0敗1S


【本塁打】プライディ1号

地方球場でのオープン戦ということもあってか、カープのスタメンには、菊池、ルナ、エルドレッド、新井の名前がない。
実際には、今日スタメンとなった選手は開幕一軍の当落線上にいる選手が多く、ラストチャンスに近いという意味合いの試合。

カープ先発の黒田にとっては、結果度外視の登板ということもあり、援護があろうが無かろうがあまり関係ないとも言える。
ある程度打てなくて当たり前くらいの試合になってしまうのは、割り切って見ないといけないだろう。

DeNAの先発ローテを取り戻そうと狙っているモスコーソに対し、序盤3回までは丸のファーストライナーと小窪のショートゴロ以外は、ノーチャンスに近い打撃内容。
ちょっとヒットが出そうもないかなと、そういう雰囲気が強く出てしまっていた。
モスコーソの投球自体は、球威を感じず、球速も出てはいないが、低めには集まっていた。
調子が良いかと言われれば、そうは見えなかっただけに、5イニングを無失点で切り抜けられてしまったのは、今日のスタメンの限界かなと思わずにはいられない。

ただ、昨日の試合でも感じていた通り、打撃陣の調子自体は普通のレベルにはある。
モスコーソがマウンドを降りた途端、プライディの来日第1号本塁打を含め、1イニングで3本の長短打を集めて3点を奪って見せた。
この逆転劇も、昨日の9回のサヨナラの起点となった西川のヒットから始まった。
追い込まれてからファールで粘り、難しいコースを上手く捌いてのライト前ヒットを放っている。
プライディの本塁打は、ラインドライブの当たりがライトフェンスオーバーとなり、福山市民球場ならではの本塁打というのが正直なところ。

黒田も結果度外視の投球とは言え、スイスイと球数も少なく6回で2失点でまとめ、リズムよく投げ切った。

先発投手がリズムの良い投球を見せていれば、守備陣も締まったプレーが出てくるもので、打たせて取る投球の安定感が見事。
黒田の後を受けたのが、カープのリリーフ陣の中でもテンポの良さは一二を争う江草。
ともすれば、もっと慎重に投げた方がいいのではとさえ受け止められかねない投球で、ヒットを2本打たれても、球数が多い割にはあっという間に投げ終えた。

今日の試合は、中田、今村が若干リズムの悪い投球となった。
特に今村に関しては、3月5日の西武戦の登板に引き続き、捉えられてしまっている。
その試合では、今日と同じく磯村とのバッテリーでストレートの連発で攻めていたが、逆に今日の試合ではスライダーとフォークでカウントを稼ぎ、ストレートを決め球に使っていた。
しかしスライダーで1本、ストレートで2本、1イニングで被安打3に繋がってしまった。
最後は、レフト前ヒットで本塁を狙ったセカンドランナーを、レフト土生が好返球で刺して試合終了となったが、今村と磯村のバッテリーには、十分な話し合いが必要に感じた。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター