デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【全球団新外国人選手】 > 【2016年全球団新外国人】 > 【カープ情報】ジェイ・ジャクソン投手の成績
スポンサードリンク

【カープ情報】ジェイ・ジャクソン投手の成績

広島カープが2016年の新外国人選手として獲得を発表した、ジェイ・ジャクソン投手(28)の成績

185cm、88kg、右投げ右打ち。

ストレートの最速は154キロで、持ち球はスライダー、カーブ、チェンジアップ。
今季の2015年にメジャー初昇格を果たしているが、デビュー戦では大量リードの9回に登板し2失点という内容だった。
2試合目も失点してしまったが、それ以降は4試合連続無失点という今後に期待を抱かせる内容で今季を締めている。

マイナーでは、若手時代は先発起用されており、2010年には11勝を挙げている(リリーフでの2勝を含む)。

2013年シーズンオフのメキシコウインターリーグで、リリーフとしての適性を見せると、同リーグで20 1/3イニング無失点という投球を見せ、10セーブを挙げ、抑え適性もあることを示す。

2014年には、先発とリリーフの両方で起用されるケースが増えてくるが、リリーフ時にコントロールが改善されたことで、リリーフとしての起用が増えてくる。

2015年に入ると、シーズン当初からリリーフとして起用され、シーズン中盤になるとクローザーとして定着し、3Aで14セーブを記録している。
リリーフとなってからは、特にコントロールに不安があるタイプでもなく、奪三振率も9.90ということでまずまずといったレベル。 抑えとしての経験は浅いものの、投球内容は悪くない。

やや変則的な投球フォームということもあり、ボールの出所が見えにくいように感じる。

2015年オフのメキシコウインターリーグでも、抑えとして起用され、まずまず好調をキープしている。



 試合先発セーブ防御率イニング自責点被安打被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
2008(A-)310005.00 9    5711140.89 1.00 14.00
2008(A)612203.00 24    82235371.13 1.88 13.88
2008(A+)432001.59 17    31107211.06 3.71 11.12
2009(A+)772201.64 38 1/373134460.91 0.94 10.80
2009(AA)16165503.70 82 2/33473739771.35 4.25 8.38
2009(AAA)111001.50 6    151341.33 4.50 6.00
2010(AAA)322511804.63 157 1/38115320481191.28 2.75 6.81
2011(AAA)262681405.34 146 2/3871801046971.54 2.82 5.95
2012(AAA)3793706.57 86 1/3631051443761.71 4.48 7.92
2013(AA)14143603.16 79 2/32859622731.02 2.49 8.25
2013(AAA)741104.68 25    1329311201.60 3.96 7.20
2014(AAA)31185704.93 111 1/36112012521151.54 4.20 9.30
2015(AA)600111.69 10 2/32701160.75 0.84 13.50
2015(AAA)48033142.54 63 2/31856217701.15 2.40 9.90
マイナー通算2381254656154.31 857 2/3411858822997851.35 3.14 8.24
AAA通算182833240144.89 596 1/3324648622205011.46 3.32 7.56
 試合先発セーブ防御率イニング自責点被安打被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
2015600006.23 4 1/3370141.85 2.08 8.31
メジャー通算600006.23 4 1/3370141.85 2.08 8.31
 試合先発セーブ防御率イニング自責点被安打被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
2011(VEWL)763205.56 22 2/31427113161.76 5.16 6.35
2012(MXPW)10103203.86 49    2148213341.24 2.39 6.24
2013(MXPW)17020100.00 20 1/301305190.89 2.21 8.41
2014(MXPW)1801111.64 22    41417180.95 2.86 7.36
2015(MXPW)1701091.59 17    31109261.18 4.76 13.76
WL通算6916105201.59 131    421134471131.22 3.23 7.76

(VEWL)・・・ベネズエラウインターリーグ
(MXPW)・・・メキシコウインターリーグ





関連記事
スポンサーサイト
まさにこの人というくらいの選手
ご無沙汰です。

クリスマスに良い報告ですね。
米国の成績をみたら、なんで今季までメジャー昇格がないのか不思議に思いました。
また、映像をみるからにヒースよりも落ち着きがありそうですね。

これで来季に向けてのカープの補強は終了でしょうか。
一部報道で7人にするともありますがどうなるやら。
少し早いですが、来年も更新よろしくお願いします!
[ 2015/12/24 18:03 ] [ 編集 ]
Re: まさにこの人というくらいの選手
ジャクソン投手に関しては、レギュラーシーズンでは初めてクローザーとして起用されましたが、メキシコウインターリーグではクローザーとして起用されていたこともあり、ようやく自分の最適ポジションが見つかったという感じがしています。

今季抑えに失敗したのは、8月9日に3点差で9回裏のマウンドに上がり、打ちとった当たりを三塁悪送球して、サヨナラ負けした試合くらいで、安定感は光っていました。
動画:http://www.milb.com/r/video?content_id=354041083&topic_id=&sid=milb&tcid=vpp_copy_354041083&v=3

投球フォームも2011年の先発時から、2015年に至ってもあまり変わっておらず、腕のしなりを感じさせ、タイミングが取りづらそうにも思えます。
動画:http://www.milb.com/r/video?content_id=18681171&topic_id=&sid=milb&tcid=vpp_copy_18681171&v=3

3Aのシーズン中盤から、メジャー昇格後を含め、40試合連続で盗塁を許していないというのも、後ろで投げる投手としての安定感につながっているようにも思えます。
2014年は先発時に盗塁を許すケースも多く見られ、年間15盗塁を許していますが、抑えとして登板するにあたって1イニングに集中できるのもプラスに作用しているとも言えます。

いずれにしても、リリーフとしてはまだ底を見せていない面もあり、日本で中崎を退け、即クローザーとして起用できるかはともかく、良い素材の投手だと思います。
[ 2015/12/24 22:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター