デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2015 > 【カープ情報】ファームの投手事情 2016年に向けて期待の投手はいるのか?
スポンサードリンク

【カープ情報】ファームの投手事情 2016年に向けて期待の投手はいるのか?

今回で5回目となる見出しの記事ですが、
2011年の推奨投手は、青木高、豊田の2人と、次点で篠田、菊地原でした。
2013年の推奨投手は、福井、武内の2人と、次点で金丸でした。
2014年の推奨投手は、一岡、次点で今井と福井でした。
2015年の推奨投手は、九里、小野の2人と、次点で戸田と中崎でした。
参考記事:【カープ情報】ファームの投手事情 期待の投手はいるのか?(2011年版 ・ 2013年版・ 2014年版・ 2015年版) )

昨年に関しては、シーズン総括でも話題に出しましたが、小野の自主トレに臨む姿勢にはすでに落胆していました。

九里はチーム随一の投げ込みを行い、活躍を期待していたのですが、残念ながら一軍での出番はほとんどありませんでした。
ただ、相当量の投げ込みを行っていながら故障しなかったということで、今後の土台作りが出来たと考えれば、継続して見ていきたい投手ということには変わりありません。
昨年はリリーフとしての起用を推奨していましたが、実際にはファームでは先発としての起用が多く、この辺りは一考の余地はありそうです。

一方で次点としていた投手では、中崎がシーズン途中から抑えとして抜擢され、苦労の末に守護神の座を勝ち取っています。

今回も3つのファクターには、与四球率、奪三振率、WHIPを選択します。
基準値・・・与四球率は3.5以内、奪三振率は6.0以上、WHIPは1.2以内(ただしイニング数10以上)とします。

この3つを満たす投手は、飯田、一岡、江草、小野、河内、佐藤、西原、薮田が該当します。
今シーズンはウエスタンリーグで2位となっており、全般的に投手もいい数字が並んでいます。

この中で、河内は今季限りで引退を表明しており、ベテランの江草は調子を整えられれば、これくらいの数字は残せる投手です。
ただし上がり目というのは期待できる時期ではなく、一軍の台所事情が苦しくなる場面で、調子を整えてリリーフのポジションに嵌ってもらいたいというのが実情かと思います。

小野についても、ファームでそれなりに通用するというのは過去のシーズンからも明らかなのですが、先述の指摘の通り、考え方を変えていかない限り、同じことの繰り返しになりそうな気がしています。

一岡は故障明け、不調時の調整で登板しているにもかかわらず、残した数字は素晴らしいものがあり、ファームで課題を克服するという段階ではないと思います。
すでに一軍での実績もあり、故障の再発予防、ということが最も重要になってくるのではないでしょうか。

佐藤は移籍1年目にして、ファームでのキャリアハイとも言える成績を残していますが、数字としてはギリギリクリアというところでもあり、もう1年ファームで力を付けてもらいたいというところでしょうか。

さて、ここまで名前の挙がっていないのは、飯田、西原、薮田の3人となりました。
この3人のファームでの成績は文句の付けようがないもので、それぞれ一軍でもわずかながら通用する足跡を残しています。

ただし、薮田に関しては、初先発初勝利の後は課題のコントロールに苦しみ、出口を見つけられないままシーズンを終えてしまった印象です。

西原、飯田は、入団年度は1年違いますが、共に社会人野球出身の即戦力投手としてプロ入りしています。
今季の成績からも、それなりに通用する投球は見せてくれていますので、来季に向けては何か一つでも武器にできるボールなり、技術なりが備われば、一軍での活躍が期待できる段階まで来ていると思います。

よって、2016年に向けての推奨投手は、西原と飯田の2人となります。

さて、次点としてはフェニックスリーグでの成績を参考に加えて検討してみようと思います。
例年通り、フェニックスリーグでの、カープの投手陣の平均値を上回る投手をピックアップします。
(与四球率は3.66以内、奪三振率は5.85以上、WHIPは1.32以内)

ここで注意しないといけないのは、塹江が壊滅的な与四球率を叩き出しており、それに従って与四球率とWHIPの数字が、昨年に比べてかなり悪化しています。

3項目で平均を上回っているのは、九里、中村恭、藤井、飯田の4投手です。
この中で飯田はすでに推奨済みのため除外。
中村恭も、小野と同様にファームではそれなりに通用するのは分かってきていますが、一軍での登板では別人のような投球になるということは、何かが足りないということをもっと追究する必要はあると思います。

九里はリリーフとしてという前提で次点に推奨したいと思います。

藤井に関しては、高卒1年目のフェニックスリーグでの成績と考えれば、まずまずの内容を見せています。
ただ、リリーフとして1年間一軍で投げられる体力を付けないことには、本格的な戦力として計算できないでしょうから、来季に関しては要注目の投手の一人という見方をしてみたいと思います。

最後に、番外的な扱いになりますが、再び薮田について注目してみたいと思います。
ファームでは先発起用されながら奪三振率が10.14を記録しているように、三振を奪う能力に関してはファームでも屈指の存在です。
ただ、一軍での登板を重ねるうちに、薮田はコントロールが悪いというイメージが定着してしまいました。
来季に向けて練習をしていくことと思いますが、一度付いてしまったイメージを拭い去るのは容易ではありません。
先発して先頭打者に四球でも出そうものなら、途端にムードが悪くなりかねません。

ピンチになっても、球威で押し込んで外野まで打球を飛ばさせないストレート、ウイニングショットとしても使えるフォーク、ツーシーム、高速で食い込むカットボールなど変化球の質が良く、短いイニングで、四球1つくらいなら問題ないという起用が出来るならば、リリーフとして配置することで、短期間で立ち直れやしないかという思いを持っています。
もちろん、故障がちな体質を考慮し、当面は先発調整するというのであれば、来季の開幕時の戦力としては考えない方がいいかもしれません。

したがって、次点については、リリーフ起用されるという前提で、九里と薮田の2人としたいと思います。



【ウエスタンリーグ投手成績】
投 手登板セーブ被安被本与四球死球奪三振自責点防御率与四球率奪三振率WHIP
飯田 哲矢22101021 2/3151212262.49 0.83 9.14 0.78
池ノ内 亮介3801035    41418324225.66 4.63 6.17 1.69
一岡 竜司1111013    131211542.77 1.38 10.38 1.15
今井 啓介1412128    40710120237.39 3.21 6.43 1.79
今村 猛2242218 2/3202402183.86 1.93 10.13 1.29
岩見 優輝1010 2/31000000.00 0.00 0.00 1.50
江草 仁貴2520020    130621920.90 2.70 8.55 0.95
大瀬良 大地10006 2/37010422.70 1.35 5.40 1.20
小野 淳平26642121 1/31191015394433.19 1.11 6.97 1.10
河内 貴哉2520015    130101610.60 0.60 9.60 0.93
九里 亜蓮1535051    59615431254.41 2.65 5.47 1.45
ザガースキー32121033 1/31801303771.89 3.51 9.99 0.93
佐藤 祥万4440044    37216438142.86 3.27 7.77 1.20
篠田 純平1546072 1/378721229323.98 2.61 3.61 1.37
武内 久士1221034 1/335214230174.46 3.67 7.86 1.43
辻 空1601034    31213124123.18 3.44 6.35 1.29
デ ヘスス1201025 2/33218322124.21 2.81 7.71 1.56
戸田 隆矢760043 1/3373912881.66 1.87 5.82 1.06
永川 勝浩2223519 2/323311112156.86 5.03 5.49 1.73
中崎 翔太10001    0000100.00 0.00 9.00 0.00
中田 廉1730116    7130810.56 1.69 4.50 0.63
中村 恭平1875098 1/397736457423.84 3.29 5.22 1.35
中村 祐太20102 1/31122011038.57 7.71 3.86 5.57
西原 圭大3020025 1/3190312531.07 1.07 8.88 0.87
野村 祐輔1023055    57610238182.95 1.64 6.22 1.22
ヒース91078 2/330101400.00 1.04 14.54 0.46
久本 祐一50103 2/33010224.91 2.45 4.91 1.09
福井 優也510024    111211151.88 0.75 4.13 0.54
藤井 皓哉600010 1/392411143.48 3.48 9.58 1.26
塹江 敦哉711022    1701021162.45 4.09 4.50 1.23
薮田 和樹1261057 2/338321165162.50 3.28 10.14 1.02


【フェニックスリーグ投手成績】
名前投球回打者球数安打三振四死自責防御率WHIP奪三振率与四球率
九里13    44178512300.00 0.62 8.31 2.08
小野3    104213000.00 0.33 9.00 0.00
中村恭17    662401412410.53 1.06 6.35 2.12
西原10    3513165210.90 0.80 4.50 1.80
藤井8 1/33316568222.16 0.96 8.64 2.16
佐藤10    41175710632.70 1.30 9.00 5.40
中村祐18    76257166563.00 1.17 3.00 2.50
11 2/34919195643.09 1.29 3.86 4.63
戸田18    762642010484.00 1.33 5.00 2.00
飯田10    46173117254.50 1.30 6.30 1.80
薮田22    10637427913124.91 1.82 3.68 5.32
塹江19    1004062417182210.42 2.21 8.05 8.53
チーム計160    682259614610465643.60 1.32 5.85 3.66


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター