デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2015公式戦 > 【カープ情報】2015.10.07 広島対中日 公式戦25回戦 1安打完封負けで逆転CS出場叶わず、4位でペナントレース終了
スポンサードリンク

【カープ情報】2015.10.07 広島対中日 公式戦25回戦 1安打完封負けで逆転CS出場叶わず、4位でペナントレース終了

2015年10月7日に行われた、広島対中日の公式戦25回戦の試合結果

中日 000 000 030|3
広島 000 000 000|0

勝 若松 10勝4敗
負 大瀬良 3勝8敗2S
S -

【本塁打】なし

今日は勝ってくれるのを祈るのみ。
スタメン発表では、2番手で登板するのが大野ということで右打者を多く並べてきた。
堂林がスタメン起用されるのは5試合ぶりということで、その間の4試合は右投手と当り続けてきたことになる。
久々の左投手との対戦となるが、実戦勘が鈍っていないことにも注目したい。

さて中日のスタメンはというと、こちらもフルメンバーと呼んでも差支えない名前が並んでおり、特にエルナンデス、藤井の6、7番は厄介な印象。

松山を最後の対藤浪のために復調を促す起用をしていたが、鈴木誠も最後の勝負のためにクリーンアップで起用し、経験を積ませてきた。
5番鈴木誠が大仕事をするようだと、これまでの起用が実ったことにもなる。

まず前田健の立ち上がりは、少し緊張がある感じで、大島、亀澤の2人には甘くならないよう気を付けながら、慎重に投げていた。
2アウトとなったことで少し気持ちが楽になったのか、ルナに対しては強気に攻め始めたところを軽くライト前に合わされた。
4番平田には、ストレートの逆球がパスボールとなり、ルナは二塁へ。
平田のサードゴロが三塁ベースに当る内野安打で、2アウト1、3塁というピンチになった。
森野はセカンドゴロに打ち取って無失点で乗り切ったものの、プレッシャーを感じながらの試合になる流れになってしまった。

そして中日の先発は、引退登板となる山本昌。
2球続けてボールにり、フォームもテイクバックがぎこちなく見える。
丸はファーストストライクを打ってセカンドゴロに打ち取られ、山本昌の引退登板に花を添えた。

そして予定通り2番手で大野がマウンドに上がってくるが、気合十分の顔付き。
初回に関しては、山本昌の投球の余熱もあり、少しフワフワした状態に見え、早めに地に足をつけた攻撃が見られれば、といったところか。
大野の状態は良さそうで、新井のライト前ヒットは会心の当たりではなく、エルドレッドはインコースのストレートで詰まらされていた。
初回の前田健と大野の投球内容を見ると、前田健が早く本調子に戻らないと、このあとの展開が厳しくなりそうな予感はある。

2回はエルナンデス、藤井という今季手痛い目にあった2人の打者を迎えるイニングだったが、ここもコントロール重視の投球で抑えて見せたが、140キロ前後の球速が多いのは気になる。

カープ打線は、大野の球威に押されるシーンが目立つが、スイングそのものは力強さを感じる。
2回の鈴木誠のレフトフライも、バットの先だったために伸びなかったが、アウトハイのストレートをフルスイング出来ている。
各打者の気持ちは十分乗ってきている。

ただその気持ちが空回りしてしまったのが、2回裏の田中の走塁死。
牽制に誘い出されての二塁憤死は、ギャンブルスタート気味の飛び出しで、今季よく見た光景でことごとく流れをぶった切ってきたプレーの一つ。
少なくとも今日の試合にとっていい流れではない。

3回からのカープ打線は、大野の調子に加え、プレッシャーに負けたような雰囲気の感じられない攻撃になってしまい、初回の新井のヒット以降は、まったくヒットが出ない。
唯一采配で動けたとすれば、6回裏の攻撃で先頭の石原が四球で出塁し、前田健が送りバントを決めて1アウト2塁となった場面。

中日は試合前の継投策として、大野の次には若松を送り込む予定となっており、終盤の代打として小窪の出番はない可能性があった。
シーズン終盤にかけて、丸への代打が必要になると何度か書いてみたことがあったが、結局丸への代打は見られないままだった。

前田健も本調子には程遠いピッチングながらも、何とか無失点で切り抜けていっても、得点の雰囲気のない打線を背負っての投球には、常に追い込まれているような重苦しさがある。

8回からマウンドに上がった大瀬良は、終盤の不調から脱却することは出来ず、力尽きてしまう。
大瀬良が2失点。
その大瀬良がランナーを貯めてマウンドを降り、中崎は投手の若松にタイムリーを浴びてしまい、試合の流れは完全に中日に傾いてしまった。

そして、カープの最終戦はわずか1安打での完封負けで幕を閉じた。
打てない時に限って、野手を交代させることが出来ないというのも、今季良く見られた光景。
久々の左投手との対戦で、少し実戦感覚が鈍っていた面は少なからずあったように思う。

失点してしまった大瀬良は大泣きをしていたが、大瀬良を責める気には全くならない。

大瀬良が正式にリリーフ起用が決まる前の、6月3日の自分のコメントですが、
「大瀬良を抑え起用してはどうかという意見も目にしますが、打たれたら批判されるのは目に見えています。
今季だけの配置転換ならば、どんな結果であっても受け入れる覚悟はしないといけません。」

自分自身が発したこの言葉を忘れたことはありません。
大瀬良が打たれたのであれば、それがもたらす結果は受け入れないといけないでしょう。

総括は後日行いたいと思いますが、今日のところは1シーズンお疲れ様でしたという言葉で締めくくりたいと思います。



関連記事
スポンサーサイト
デタスポさん、一年間お疲れ様でした。そしてありがとうございました。
[ 2015/10/07 22:03 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
名無しさん、ありがとうございます。
[ 2015/10/07 22:04 ] [ 編集 ]
僕も同じ気持ちです。
大瀬良ならば仕方ないと思っています。

今年もお世話になりました。
気は早いですが、来年もよろしくお願いします!
[ 2015/10/07 23:04 ] [ 編集 ]
一夜開けて
デタスポさま、今年も一年間記事更新お疲れ様でした。

昨夜のゲームは残念でしたが、大筋予想通りでした。

また、一夜開けて、助っ人の進退、監督の続投、選手の引退などが発表されましたね。
来季はマエケン、黒田がいなくなる可能性もあり、苦しいシーズンになるかもしれませんね。

総括の記事、楽しみにしています。
[ 2015/10/08 10:52 ] [ 編集 ]
お礼
dyson13さま、のうがくぶさま、今年一年ありがとうございました。

昨年はまだマエケンの去就は楽観視できていましたが、今年はどうもメジャー挑戦が既定路線になっているように感じます。

例年以上に慌ただしいオフになりそうで、若干カープロス気味の管理人ではありますが、これからの動きに注目していきたいと思います。

(早速、東出引退、栗原自由契約という報道がありましたし)
[ 2015/10/09 08:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター