デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2015公式戦 > 【カープ情報】2015.09.15 広島対巨人 公式戦24回戦 タイムリーエラーによる先制点をジョンソン、中崎が守り切る
スポンサードリンク

【カープ情報】2015.09.15 広島対巨人 公式戦24回戦 タイムリーエラーによる先制点をジョンソン、中崎が守り切る

2015年9月15日に行われた、広島対巨人の公式戦24回戦の試合結果

巨人 000 000 000|0
広島 010 000 00×|1

勝 ジョンソン 12勝7敗
負 菅野 9勝10敗
S 中崎 0勝6敗24S

【本塁打】なし

ジョンソン対菅野という名前を見ると、お互い、先制されると負けの確率が跳ね上がり、追加点を奪われるとほぼ負け確定とさえ思える。
ジョンソンが安定感抜群の投球で立ち上がると、菅野は若干コントロールが乱れるシーンがあるものの、甘いコースには来ない。
お互い芯でとらえる打球もなく、予想通りの展開で試合が始まった。

2回表のジョンソンが、1回同様のピッチングで三者凡退に打ち取り、対する菅野は1アウトから新井に四球を与えた。
菅野との相性の良い田中が、レフト前ヒットで1アウト1、2塁と得点圏にランナーを進めると、こちらも菅野との相性を買われてスタメン起用の安部が、まずまず捉えた当りのサードゴロ。
この打球を処理した村田の態勢が崩れて、セカンドフォースアウトのみで、2アウトで1、3塁とランナーが残った。
そして石原は、菅野の狙い通り、打たされた形のショートゴロに打ち取られる。
ところが、平凡な当りのショートゴロを坂本が弾くタイムリーエラーで、カープに先制点が転がり込んだ。
今季のカープ戦での巨人は、これがある。

その後は、ジョンソンも菅野も持ち味を発揮し、非常に速いテンポで試合が進む。
5回を終えた時点で1時間ちょっとしか経過しておらず、両チームともあまりにあっさり打ち取られることで、今後点が入るのだろうかという思いしかしてこない。

7回には両チームともにヒットでランナー1人が出塁したものの、仲良く併殺という攻撃で、まさに均衡状態。

8回にはジョンソンがこの試合唯一と言っていいピンチを招く。
連打で1アウト1、3塁という場面で、一塁ランナーに代走鈴木尚が送られ、これはもちろん足で揺さぶりをかけ、プレッシャーをかけていこうという狙い。
ただ、ルーキーの岡本が代打起用され、4-6-3の併殺打。
良い素材の打者というのは間違いないが、今日のような展開の試合で、代打の一番手として起用される、しかも唯一と言っていいほどのチャンスで打席に立たせてもらえるというのは、ムード一変という期待も込みの打席だったように思える。

8回を投げ終えて103球のジョンソンはお役御免。
早い段階から野間を守備固めで起用し、エルドレッドにも代走から出場の赤松がそのままレフトで守備固め。
序盤の1点を守りきるという明確な意思を示し、チーム全体がその指示を遂行して見せた。

中崎もここまでのシーズンで、これだけの痺れるシーンは何度も経験してきた。
もう、9回のマウンドに上がる中崎を信頼しないファンはいないだろう。
文句なしに3人で締めて、またも完封リレーでの勝利となった。

今季の巨人戦の象徴のような、タイムリーエラーが決勝点の試合で、カープは僅か2安打。
正直苦しい展開だと感じていなかった訳ではなく、ウイニングボールを手にした新井の、何とも言えない不格好なガッツポーズが、チームの気持ちを表していたように感じた。

開幕直後の3月31日以来の勝率5割復帰。
今日はこれに尽きる。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター