デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2015公式戦 > 【カープ情報】2015.08.22 広島対巨人 公式戦22回戦 福井自己最多、チームトップタイの9勝目
スポンサードリンク

【カープ情報】2015.08.22 広島対巨人 公式戦22回戦 福井自己最多、チームトップタイの9勝目

2015年8月22日に行われた、広島対巨人の公式戦22回戦の試合結果

巨人 000 000 010|1
広島 000 000 02×|2

勝 福井 9勝3敗
負 山口 3勝5敗
S 中崎 0勝6敗18S

【本塁打】エルドレッド9号

昨日の実験的なスタメンは1試合で終わり、再び丸と菊池を上位に戻してきた。
丸の出塁率を活かすためには、こちらの方がベストという判断をしたのだと思う。

また、今日の試合はいきなりグスマンがレフトファールフライに追い付いた。
普通の外野手であればそれほど難しい打球ではないのだが、グスマンが追い付いて捕球するとなるとファインプレーに見える。
福井は、これで乗っていくというレベルの投球はしておらず、エラーさえなければ試合は作っていける。

序盤からランナーがいてもいなくても同じようなテンポで投球を続けていく。

打線の方は、まあ迷走状態がそのまま表れているような打席が多く見られる。
ヒットは出ているし、ランナーは貯めていけている。

しかし、前の打席でヒットを打った打者に、チャンスで打席が回ってくると凡退するという巡り合わせの悪さもあったし、タイムリーになるかという当たりがエンタイトルツーベースになってランナーが三塁で停められることもあった。

そういう停滞した流れで、両チームともに無得点でイニングが進み、7回表に先に巨人に仕掛けられた。
ヒットと送りバント、四球で1アウト2塁。
若干福井に疲れが見え始めており、2打席連続安打のアンダーソンを敬遠気味に歩かせ、村田との勝負を選択したところ、代打亀井が送られる。
ボール先行となったことで、慎重に攻めざるを得ない状況となり、亀井には四球を与えてしまった。
1アウト満塁で、昨日満塁の場面で決勝タイムリーを浴びている小林との対決となるが、抑える気持ちが充満しているのははたから見ても十分伝わってくる。
ストレートで押して、インフィールドフライで2アウト。
代打堂上にも、巧くタイミングを外しながらの攻めを見せたが、最後の低めのストレートをバットコントロールだけで拾われるライトライナー。
当りは良く、一瞬ヒヤリとさせられたが、決して甘いボールでなく、しかも攻める気持ちがボールに伝わっていたことで、ライト正面へ飛んでくれた。
この打球がアウトになったのを見届けた福井は、流石にほっとした表情を見せた。

カープも巨人も、共に1回ずつ満塁のチャンスを活かせなかったことになるが、ピンチを切り抜けた余韻に浸る間もなく、初球を田中が投ゴロ、同じく會澤が初球をライトファールフライで、まったく福井の準備が追い付かない。
呼吸を整える暇はもちろん、投球練習をする時間も十分に取れず、慌てて打席に向かった様子を見て、打者は何も感じないのだろうか。

その流れのままマウンドに上がった福井に、さらなる試練として先頭打者内野安打が与えられる。
送りバントと連打で、ついに1点を失ってしまい、自身でも悪い流れは実感していたと思う。
8回の投球を終え、ベンチに戻った際に荒れてしまった様子でそれがよく分かる。
しかし、そういう精神状態を押し殺して、その後のピンチで長野を併殺に打ち取っているのだから、福井の精神力おそるべし。

さて、8回に1点を先制された福井の姿をベンチで見て、本当に打者が何も感じていないのであれば、チームとしては終わっている。
しかし、8回の守備で内野安打としてしまう守備をしてしまった菊池がヒットで出塁し、松山の代打エルドレッドが、初球をバックスクリーンへと運ぶ、逆転ツーランを放った。
その際、ボールの行方を見ていた菊池が、ホームランとなった瞬間に大きく手を叩いており、思うところはあったのだなと、安堵した。

8回裏に逆転弾を放つ展開というのは、相手に9回表の1イニングしか反撃のチャンスを与えないという意味で、かなりダメージが与えられる得点だというのは身に染みて分かっている。

中崎を最高に盛り上がった状況でマウンドに迎え、逃げ切りにかかる。
2アウトまでは気合いの乗ったピッチングで、勢いで抑えた面もあるが、2アウトから高橋由がヒットで出塁して、代走に鈴木尚が起用されてからは、途端に慎重になった。
昨日、會澤が鈴木尚の盗塁を刺しており、走れるものなら走ってみろ、くらいの余裕はあったようにも見受けられた。
盗塁を警戒して、ボール先行で崩れるという様子もなく、2球で追い込んで、あとはどう打ち取るか選択肢が広がる。
大胆さと慎重さ、両面を見せて、鈴木尚に走らせることなく、加藤から空振り三振を奪って見事に逃げ切った。

福井はこれでチームトップタイの9勝目を挙げ、これはルーキーイヤーの8勝を超えて自己最多更新。
チームが勝って良かったという言葉は出てくると思っていたが、まさにその通りのヒーローインタビューだった。







関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター