デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2015公式戦 > 【カープ情報】2015.07.31 広島対DeNA 公式戦14回戦 伝説のプレー再び
スポンサードリンク

【カープ情報】2015.07.31 広島対DeNA 公式戦14回戦 伝説のプレー再び

2015年7月31日に行われた、広島対DeNAの公式戦14回戦の試合結果

広 島 010 030 000| 4
DeNA  420 200 200|10

勝 小杉 3勝3敗
負 前田健 8勝7敗
S - 

【本塁打】ロペス16号

今季もっとも苦手としているDeNA戦に先発するのは、そのDeNAを得意としている前田健。
この1試合を勝つか負けるかでは大きな違いがある。

シアーホルツが熱中症による体調不良で欠場となり、思い切ったスタメンを組んできた。
野間を2番で起用し、送らせないという作戦はどうかと思うし、普段2番を打たない打者をいきなり2番で起用するのは一昔前のカープの姿。
また、丸を3番に戻すのは少し早くないかという気もする。
會澤を6番、田中を8番で、木村を間に挟むというのも斬新と言えば斬新。
要するに、よく分からないスタメンと受け取ってしまった。

初回は菊池がセンター前ヒットで出塁し、野間には一度も送る気配もなく、打たせてセカンドフライ。
丸は当てただけのセカンドゴロ進塁打で、グスマンはタイミングの合わない空振り三振と、ちょっと手こずりそうな雰囲気がある。

前田健の立ち上がりは、スライダーが真ん中付近に集まり、長打2本であっさり先制される。
さらにロペスのレフトフライをグスマンがバンザイというプレーを見せてしまい、これは、横浜スタジアムで、さらに前田健登板ということもあり、フィリップスの伝説のプレーを思い出させる。
嫌な思い出が頭を過ったのか、全く立ち直ることなく失点を重ね、一挙4失点というどうにもならない流れ。

菊池の1試合3エラーの試合で見せたような、悟りの表情が見られた時点で、今日の勝ちはないと確信できる。

2回に入っても変化球が甘く入るという投球から立て直せず、2回でKOと思いもよらぬ結果となってしまった。

打線はコツコツと点を返していっても、それ以上に点を吐き出してしまい、全く試合の流れを引き寄せるには至らなかった。
打撃以外でも、守備、走塁面での貢献度の高かった新井、シアーホルツの欠場で、打線の形というのが崩れた。
チーム全体で2桁安打を放ったように、それぞれの打者は一定の結果を残したが、クリーンアップ2人が欠けた打線がいきなり繋がるというのは虫がよすぎる。

グスマンのレフトが、これほどのリスクを伴うのかという再認識と共に、恐ろしさも感じた試合だった。
緊急事態があってのお試しスタメンという面があるので、全否定するものではないが、それにしても意図の感じられないスタメンは、これで最後になることを期待したい。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター