デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2015公式戦 > 【カープ情報】2015.07.26 広島対巨人 公式戦17回戦 ようやく相手のミスに付け込んでの勝利
スポンサードリンク

【カープ情報】2015.07.26 広島対巨人 公式戦17回戦 ようやく相手のミスに付け込んでの勝利

2015年7月26日に行われた、広島対巨人の公式戦17回戦の試合結果

巨人 000 000 000|0
広島 000 002 21×|5

勝 ジョンソン 8勝5敗
負 田口 2勝3敗
S -

【本塁打】梵5号

本日のカープのスタメンは、昨日の予想通り、3番にグスマンを起用してきた。
石原がスタメンということもあり、シアーホルツの後に右打者の梵、左打者の田中というジグザグの並びもほぼ予想通りで、これなら6番が繋がりさえすれば機能すると思いたい。

さて、初回のジョンソンは、課題の立ち上がりをしっかり抑え、内容も悪くなかった。
一方の田口に対しては、丸、菊池とも低めのボール球には手を出さず、甘く入ってくるストレートを狙い打った。
丸は良い当たりのレフトライナーで、菊池も同じような打球のコースのレフト前ヒット。
スライダーの制球が定まっていないが故のストレート狙いだったわけで、グスマンがどうするかに注目していたところ、ストレートは2球見逃しで共にストライク、そしてスライダー、チェンジアップは見逃してボールでフルカウント。
ただ、最後はボールの高さのストレートを空振り三振で、狙いはやはりストレートということになるだろう。

こうなれば、4番の新井は甘く入ってくるストレートのみを狙い打てばいい訳で、菊池の盗塁で得点圏にランナーを進めていることもあり、先制のチャンス。
しかし、あまり勝負する気のない四球で、シアーホルツとの勝負を選ぶと、そのシアーホルツは初球のスライダーをファール、2球目のストレートを見逃しのストライクで追い込まれる。
そして最後はボールになるカーブを空振り三振と、狙いもタイミングも外れてしまっていた。

2回以降の田口は、スライダー、カーブでもストライクが取れ始め、徐々に調子が上がってきた印象。
3回には、四球の菊池が一塁ランナーという場面で、グスマンがファーストへの進塁打を放ち、とりあえずは3番としての最低限の役割を果たした。
そして今度こそ、新井のタイムリーに期待したい場面を迎える。
しかし、田口はスライダーが決まり始めていることに手応えがあり、ストレートはコーナーぎりぎりを狙い、最悪見せ球としておけばいい、というくらいの投球で、決め球は低めのスライダーを選択。
序盤のキレのあるボールでは、なかなか捉えるには至らなかった。

さて、田口の調子が上がってきたことに対して、ジョンソンは序盤から絶好調を維持。
審判との相性もいいのか、右打者のアウトコースの厳しいボールでストライクが取れることで、投球の幅はかなり広がる。
ボールと言われるまでは、そのコースを攻め続けておけば、そうそう連打されるコースでもない。
エンドランで1、3塁になっても、石原の牽制の間に、ファーストランナーがセカンドに進んでも、慌てることなく無失点で切り抜けてみせる。

そして5回表の巨人の攻撃で、田口が送りバントをキャッチャー前に転がし、2-6-4のゲッツー。
これは、昨日の福井がやってしまった失敗と同じパターンで、その時は次のイニングの失点につながってしまっていた。

しかし、いざカープがその立場になると、相手のミスを流れに繋げられない。
高めのカーブをじっくり呼び込んで、割と自分のタイミングで打った丸だったが、力のないフライが上がるのみで、打球に鋭さがない。
さらに内野安打で出塁した菊池が、田口の牽制に誘い出される走塁死で、ミスのお返しをしてしまうお人好しぶりを見せてしまう。

その後も、坂本の送りバント空振りで、セカンドランナー飛び出しというミスがあり、両チームともに拙い攻撃のオンパレードを見せられ、正直フラストレーションのたまる試合展開。

ようやく6回裏に、2アウトからシアーホルツが四球を選ぶと、梵がレフトフェンスをギリギリ越えるツーランで先制。
梵の打順が繋がれば機能するという狙いのスタメンが実っての先制劇で、今日のジョンソンの出来からすれば、久々に中崎に直結リレーも可能となりそうな試合展開。

7回裏には、石原のライト前への飛球に、ライトの長野がギリギリ追い付けず、ジョンソンのバスターの三遊間への当たりが内野安打となり、この3連戦で初めて先制した気持ちの余裕が野間のタイムリー以降の追加点に繋がった。

単純な話ではないと思うが、ここ数試合の貧打は気持ちの面の影響が多いとも言えるということ。
最終回に新井がファールフライを追いかけ、カメラマン席に頭から落ちたのは心配だが、明日は移動日で休んでもらって、来週からの遠征でしっかり勝って帰ってきてもらいたい。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター