デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2015公式戦 > 【カープ情報】2015.07.15 広島対阪神 公式戦11回戦 薮田乱調ながらも無失点投球、戸田、大瀬良、中崎と繋いで完封リレー
スポンサードリンク

【カープ情報】2015.07.15 広島対阪神 公式戦11回戦 薮田乱調ながらも無失点投球、戸田、大瀬良、中崎と繋いで完封リレー

2015年7月15日に行われた、広島対阪神の公式戦11回戦の試合結果

広島 000 100 101|3
阪神 000 000 000|0

勝 戸田 2勝0敗
負 メッセンジャー 5勝7敗
S 中崎 0勝5敗12S

【本塁打】なし

今季のメッセンジャーとの対戦で、一定の成果を挙げている左打者を並べるスタメンを再現してきた。
また久々に田中を1番とし、丸を3番に上げてきた。

少なくとも、薮田に対して援護してやりたいという意思は感じられるスタメン。

もっともメッセンジャーは、一軍再登録後は7試合で3勝1敗、防御率1.38、奪三振率9.87、与四球率3.46と安定感を取り戻している。
立ち上がりも隙がなく、組み替えた打順もわずか10球で3者凡退というスタートとなった。

一方の薮田のピッチングは、いきなり先頭の鳥谷に四球を与える立ち上がりで、前回の投球を引きずるかという思いが頭をよぎったが、俊介の送りバントは空振りで、強攻すると併殺打でかなり助かった。
今日の薮田は、150キロ超の速球の連発、カットボール、カーブでカウントを整えられ、抑えている打席は良い内容で抑えられた。
ただ、ボールの多さが目立ってしまい、四球4、死球2という数字通りちょっと荒れてしまっていた。

死球2つめというところで警告試合が宣言され、阪神ベンチからコーチが出てきたこともあり、動揺が見られ、返球を捕球しきれずに顔付近にボールが当たるというシーンも見られた。
いずれにしても今日のコントロールであれば、インコースを自信を持って攻めるという訳にもいかず、また4回で球数が83球ということもあり、傷口を広げる前に交代させてきた。

良い面も悪い面も出ていたが、2イニング連続で満塁のピンチを背負い、ともに強い気持ちで抑えきったという結果は評価できる。
明日はフレッシュオールスターに出場するためいったんチームを離れることになるが、次の先発機会は守れたのではないかと思う。

さて薮田が阪神打線に先制点を与えないことで、ようやく打線上昇の兆しの見られたカープ打線は、菊池のヒット、丸の四球で作ったチャンスで、新井が先制タイムリー。
1番から3番のうち、2人が塁に出ることが出来れば、当たり前のことではあるが得点のチャンスは増えてくる。
じっと辛抱して、復調を待っていただけに、後半戦でその効果が現れてくれることを期待したい。

試合の方は、5回から登板の戸田が、ランナーを出しながらも無失点で2イニングを抑えたのが大きなポイントとなった。
もっとも、マートンの併殺コースのサードゴロを打球を処理した木村が、あわやセカンド悪送球になろうかという送球をしてしまったことで余計なピンチが残るというプレーもあった。
福留にはどうしても投げにくそうな雰囲気があったものの、それ以外はストライクを取ることには苦労しておらず、攻めの投球が出来ている時の戸田のボールのキレは、カープリリーフ陣の中でも屈指の存在。
使い方が難しい面はあるが、いつも同じような投球が出来るようになるのが当面の課題だろうか。

7回からはヒースという選択肢もある中で、大瀬良が登板。
明日からオールスター休みということで、7回から登板ということは2イニング投げるという前提でマウンドに上がっているのだと想像できる。
今日の大瀬良は、若干抜ける球が見られ、安定感抜群という訳にはいかなかったが、常に先手を奪っての投球ということもあり、阪神打線に余裕をもってスイングをさせなかった。
自身の調子が良くなくても抑える技術というのは、短いイニングであればごまかしが効く。
これも良い経験になる。

7回に代走野間の走力が活きて、マートンの守備の隙を突いて本塁に生還し、9回には抑えの呉から、これまた代走赤松の走力が活きての追加点を奪うことに成功。
起用した代走の2人がともに本塁に帰ってくるというのも、試合の流れを感じさせる。

そういった良い流れの試合にもかかわらず、9回に登板の中崎がバタバタしてしまう。
先頭の代打関本には、初球アウトコースに150キロの速球を投げ込みストライクを奪うものの、2球目には高めに浮いたスライダーをレフト前に運ばれる。
緩急をつける狙いがあるにしても、コントロールミスをしていては意味がない。
鳥谷のファースト内野安打にしても、ベースカバーが遅れており、一球が命取りの抑えの投手として見ると、ちょっと隙を見せ過ぎ。
3点差があったことで、相手の作戦も送りバントがなく、打ってくるのみだったことで救われた面がある。

木村の送球ミス、中崎のベースカバーの遅れ、という今回は致命傷にならなかったミスは、十分反省してもらうとして、前半戦最後のゲームは、投手陣がよく踏ん張ったという試合だったように思う。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター