カンジタ 治療

デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2015公式戦 > 【カープ情報】2015.07.14 広島対阪神 公式戦10回戦 野村の勝負球失投のオンパレードで敗戦も、打線はようやく得点を挙げる
スポンサードリンク

【カープ情報】2015.07.14 広島対阪神 公式戦10回戦 野村の勝負球失投のオンパレードで敗戦も、打線はようやく得点を挙げる

2015年7月14日に行われた、広島対阪神の公式戦10回戦の試合結果

広島 000 000 110|2
阪神 101 030 00×|5

勝 能見 6勝9敗
負 野村 4勝6敗
S 呉 2勝2敗24S

【本塁打】なし

カープの苦手な能見との対戦で、27イニング連続無得点という打線の状態もあり、とにかく初回の先制点で全てが好転するという予感さえ漂ってくる。
逆に言えば、初回を簡単に抑えられるようだと、終盤まで手こずる可能性が高いということになる。

また、この試合で能見打ちの役割を担うのが、鈴木誠。
シアーホルツ、エルドレッドが休養の際には、代わってクリーンアップを務めることもあるが、ここまでは可もなく不可もなくという成績。
とにかく一人でも元気な打撃を見せてくれれば、チームも乗りやすいだけに期待は高まる。

しかし、初回の攻撃はシアーホルツが二塁打で出塁するも、新井が倒れ、これで28イニング無得点という重苦しい雰囲気も背負いながら試合を進めていかなくてはならなくなった。
ただ、中日戦でも述べたように、得点圏にランナーを進めるというのは出来るようになってきている。
あとは、一本が出るのを待つだけというところまで状態は上がって来ており、誰がその役割を果たすかに注目していきたい。

と、試合序盤にポジティブに考えられるのはここまで。

野村のピッチングは、追い込むまではカーブが有効に決まり、いい形が作れても、決めに行ったスライダーがコントロールミスで真ん中に集まってしまい、詰まらせる狙いのシュートはインコースを攻め切れず、これまた真ん中付近に集まってしまい、これでは狙った通り打ち取るのは難しい。

また、ゴメスには四球2つを与えているように、カープの投手陣の中では、久々に逃げに映る投球をする投手を見る気がする。

打てない、守れない、という野手陣に足を引っ張られた面はあるにしても、決め球のコントロールミスを繰り返す投手には、先発として次の機会を与えるのは難しい。
前回は良くても、今回はまた振り出しに戻るという投球が続いていることも、影響は大きい。

野村の後を受けてマウンドに上がった飯田にしても、ここを抑えればまだ勝負は分からない、という状況ではなくなってからの登板で、これでは気の毒という思いすら湧いてくる。

さて、5回までに5点のビハインドを跳ね返す力はなく、あとは攻撃で意地が見せられるかという点だけが興味の対象。
初回から5回まで、ランナーが出なかったのは1度のみで、ランナーを出している4度のうち、3度は得点圏にランナーを進めている。

5点差がついてからとは言え、7回に代打堂林のヒット、丸の内野ゴロエラーで、この試合4度目のスコアリングポジションで、ようやく菊池にタイムリーが出た。
実に34イニングぶりの得点で、それまでは相手のエラーで貰ったチャンスも何度も潰していただけに、ようやく取れた1点。

今日は野村の乱調もあり、この1点で戦局が変わるというレベルの試合展開でもないが、堂林のヒットはボール球に手を出さず、甘くなった高めのストレートをライト前に運んでいる。
こういうセオリー通りの打撃をチームとして取り戻せれば、また繋がりも戻ってくるだろう。

今日の試合では、ポイントと思われた鈴木誠が、能見の低めのボールを空振りしてカウントを悪くし、ボールに手を出して三振していたが、このわずか1点で、対福原の打席ではボール球には手を出さず、ストライクを一振りで仕留められた。
精神面への影響の大きな1点となり、すぐさま打線が復調するというものではないにしても、復調するきっかけにはなるはず。
足踏みは痛いが、オールスター明けに大きな反動となって表れてくれることを信じたい。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター