カンジタ 治療

デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2015公式戦 > 【カープ情報】2015.06.30 広島対巨人 公式戦12回戦 黒田好投もサヨナラ犠飛に散る
スポンサードリンク

【カープ情報】2015.06.30 広島対巨人 公式戦12回戦 黒田好投もサヨナラ犠飛に散る

2015年6月30日に行われた、広島対巨人の公式戦12回戦の試合結果

広島 000 000 010|1
巨人 000 000 002|2

勝 マシソン 2勝4敗2S
負 黒田 6勝3敗
S -

【本塁打】丸11号

今季の巨人戦は、ここまで6勝5敗と1つ勝ち越しているが、ビジター球場では1勝4敗と負け越している。
黒田、薮田、福井で臨む3連戦は、期待大で観戦したい。

さて、今日の試合は黒田と高木勇の投げ合いで、打者に仕事をさせることなく、久々に痺れる展開が見られた。
黒田に関しては、コントロールも抜群で、球威も文句なし。
決め球としてのスプリットも、しっかり低めから落としており、打てるボールがほとんどないように感じた。

また、今日の試合でもっとも見事だったのは、対左打者への投球。
特に亀井には3打席連続でセカンドゴロを打たせており、打ち取り方としてはベストに近いと思う。

こういう試合展開で、良く決勝打になると言われているのは、本塁打ということになるが、8回に2アウトから丸のバックスクリーン横への本塁打で1点を先制。

その裏の巨人の攻撃では、残り2回の攻撃で追い付かないといけないという、焦りも見えるようなスイングを、高橋由、村田がすることになる。
一発狙いの打撃ということなのだが、今日の黒田のピッチングでは、そういうスイングを術中に嵌めることが出来ている。

さあ、9回に完封勝利をかけてマウンドに上がる黒田だったが、このイニングはコントロールミスが多くなった。
先頭の長野のヒットはともかく、坂本、阿部には真ん中近辺のボールが多くなり、最後の最後にそれまで抑えていた亀井には、ど真ん中のボールを外野フライを狙ったような打ち方で、サヨナラ犠牲フライを打ち上げられてしまった。

黒田の8回までの投球では、続投を支持する声の方が多いだろうし、この負けは勝負のあや、と受け取るしかない。
東京ドームでの試合は、どうあっても、こうなってしまうのだろうか。

明日の先発は薮田。
ビジターの相性など、吹き飛ばしてくれる投球を期待したい。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター