デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2015公式戦 > 【カープ情報】2015.06.27 広島対中日 公式戦9回戦 大瀬良プロ入り初ホールド、前田健1つ勝ち越しの6勝目
スポンサードリンク

【カープ情報】2015.06.27 広島対中日 公式戦9回戦 大瀬良プロ入り初ホールド、前田健1つ勝ち越しの6勝目

2015年6月27日に行われた、広島対中日の公式戦9回戦の試合結果

中日 030 000 001|4
広島 400 000 02×|6

勝 前田健 6勝5敗
負 武藤 2勝3敗
S 中崎 0勝4敗8S

【本塁打】杉山1号

初回は、まったく危なげのないピッチングで3者凡退に打ち取り、上々のスタートを切った前田健。

一方の中日先発の武藤は、どうやってもストライクになるボールはど真ん中に集まる。
打者一巡の攻撃で4点を奪い、今日はカープのペースで試合を進められる。

そう思ったのも束の間、昨日一軍に復帰してきたナニータにツーベースを打たれると、エルナンデスには、あまり勝負に行くつもりのない四球を与え、杉山と勝負を選択しスリーランを浴びる。
もちろん、エルナンデスと杉山を秤にかければ、杉山の方が打ち取りやすいと考えての四球に違いない。
余計に一人ランナーを許してでも、後続を抑えて無失点で切り抜けようと考えているのであればこそ、杉山を全力で打ち取りにいかないといけない。
それが、あまりにマウンドで余裕の態度を見せ過ぎたのは、はっきり言うと油断。
カウントを悪くして、ど真ん中にスライダーを放ってしまう辺りに甘さが見える。
気持ちの切り替えが出来ないのか、ピッチャーの八木には、何球粘られても真ん中近辺のスライダーを投げ続け、球数も嵩んでしまった。

初回に4点を取った後に、3点を返されたのでは中日側の反撃意欲も全く変わってくる。

初回からリリーフ登板の八木に対しても、カープ打線は沈黙させられてしまい、状況的には1点リードで前田健と八木の投げ合いが始まったという感じ。
カープ打線が追加点を奪って、リードを広げていくのが理想的ではあるが、それが叶わないとなれば、前田健が無失点投球を続けていくしかない。
2回にベンチの戻った直後はショックを引きずっているような表情にも見えたが、良い意味でカープに追加点が入らなかったことで気持ちが切れることがなかったように思う。
難しいことではあったが、本塁打を打たれて、「しまった」という気持ちを頭から消し去ることが出来たことで、リズムを取り戻せたと言える。

中日は、八木の後は田島を投入してくるが、こちらも完璧な内容で試合は膠着状態となる。
1点差の終盤の攻防で、今度はカープの逃げ切り態勢の心配が出てきた。

前田健の球数は、7回で103球。
今日の前田健は、早々に失投に近い形で失点しているが、そこから立て直しているだけに、集中力は高まっている。

それだけに8回もマウンドに上がるのではないかと思ったが、大瀬良がセットアッパーとしてマウンドに上がる。

この起用の意図は、僅差のリードの場面で、まずはプロ入り初ホールドを決めて欲しいという、願いにも似た思いによるものだろう。 最近の大瀬良の失点のパターンの一つとして、左打者に苦労しているという点が挙げられる。
左打者のインコースを攻めるつもりでも、シュート回転して真ん中に入ってしまうことで、痛打されることが多かった。
しかし、今日の試合では、大島のインコースを攻める場面では、そのまま体の近くにストレートの軌道でボールになった。
キャッチャーの意図どおりにインコースに投げ切れたことで、今日はストライクゾーンを広く使うことが出来た。

代打の小笠原に対しても、インハイの直球で詰まらせて打ち取っており、入団以来の悪癖であるシュート回転のストレートを改善することが、セットアッパーとしてだけでなく、投手として成長していくために必要なことの一つであることは間違いない。

大瀬良のホールド成功で、球場の雰囲気も一変し、8回裏の攻撃で初回以来の得点を挙げ、中日を引き離す。

3点差にリードを広げ、中崎がマウンドに上がり、逃げ切り態勢に入るものの、交流戦中には150キロまで球速が上がっていたが、それ以降は登板を重ねるごとに球速、キレが落ちてきている。
森野、ルナに連打でピンチを背負い、ナニータにはあわや同点本塁打かというような大きなライトフライを打たれた。
球速そのものは148キロを計時したが、数字ほどストレートが走っていないと判断したのか、スライダーやカットボールの割合が多くなり、その変化球は真ん中か、明らかなボールになっている。
満塁となってからはストレートで押すしかないと、開き直ってストレート連発してみるが、低めに外れるボールが連続し、和田に押し出し四球を与え2点差に縮まった。

藤井には初球のフォークを振らせたことで、ようやく投球の幅が広がる攻めが出来た。
追い込めば再びフォークがあると思わせることで、1-2というカウントから狙い通りフォークを投げ、バットに当てるのが精一杯というショートゴロで何とか逃げ切り、大瀬良にプロ入り初ホールドが記録される勝利となった。
中崎には追い込んで、狙って空振りを奪えるフォークがあるのだから、ストレートだけで打ちとれないからと言って困るような投手ではない。
自信を持って、大瀬良と競い合ってもらいたい。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター