デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2015公式戦 > 【カープ情報】2015.06.19 広島対DeNA 公式戦10回戦 雨中の試合で前田健の狙い通りの完投勝利
スポンサードリンク

【カープ情報】2015.06.19 広島対DeNA 公式戦10回戦 雨中の試合で前田健の狙い通りの完投勝利

2015年6月19日に行われた、広島対DeNAの公式戦10回戦の試合結果

広 島 101 000 100|3
DeNA  000 000 100|1

勝 前田健 5勝5敗
負 井納 4勝5敗
S -

【本塁打】なし

引き分けを挟んで10連敗中のDeNAとの対戦となり、その初戦の先発は前田健。
そろそろ勝つタイミングとか、そういうのは頭から消し去って、首位から4.5ゲーム差を背負った新しいシーズンの始まりと考えて見れば、それほど悪い状況でもない。
開幕からのDeNAとの9試合は、2勝7敗となっているが、当然この対戦成績も五分に持ち込みたい。

となれば、負け越しは絶対に避けなければならず、カード初戦で勝てないという看板は、エースが自力で下ろさないといけない。

その前田健の立ち上がりは、ストレートの球速はまずまずで、コントロールは正直なところ、完全に狙ったコースに行っているようには見えなかった。
ただ、雨が降ったり止んだりという天候で、予報では試合が続行不可能になるほど降らないとは言え、ビハインドの展開で試合が進むのだけは避けたかった。

そういう点では、初回の丸のツーベース、シアーホルツのセンター前ヒットで、1アウト1、3塁として、エルドレッドの犠牲フライで先制できたのは大きかった。
最近のエルドレッドの打席は、初球はアウトコースのボールになるスライダーを、空振するシーンを何度も見ている気がする。
しかし、すべて記憶しているわけではないが、こういった初球の空振りがあった打席では、結果を出していることも多い。
追い込まれてからは、高めのボールで空振り三振を狙いに来ていたが、若干狙ったところよりも低くボールが来たところを、エルドレッドは捉えていた。

そういう面では、井納はコントロールミスをしたことになる。

さらに3回には、シアーホルツの打球は、レフト筒香が見失って二塁打になると、エルドレッドがセンター前ヒットで繋いで、松山がレフトオーバーのタイムリーツーベースで、シアーホルツを本塁に迎え入れた。
これも、ミスに近いプレーでもらったチャンスを活かしており、得点の取り方としては悪いはずがない。

7回にも、ヒットで出塁した菊池が、ワイルドピッチの間にセカンドに進んでおり、このチャンスでシアーホルツのこの日4本目のヒットで本塁に生還することになる。

前田健のピッチングも、初回からあまり変化が見られず、単発の安打は浴びている。
しかし、2回あたりからはDeNA打線にどうも元気がないことを感じ取って、ストライク先行で受け身に回ることなく投げ続けていたように思う。
悪いときの前田健は、ピンチを背負うと、ボールになるスライダーでカウントを悪くし、また球数もかさむ投球をしてしまうことで、7回までしかいいパフォーマンスを発揮できないこともあった。
ただ、今日の試合に関しては、雨が降っていることもあり、おそらくリリーフ陣の登板をできる限り少なくしようという意図もあったように感じられる。

8回を投げ終えて108球で、6月2日の雨の中での登板は8回で122球ということを考えれば、十分完投も可能なペース。
8回にマウンドからベンチに戻る姿からは、既にこの時点で9回もマウンドに上がるつもりなのだという様子が見て取れた。

そう考えると、試合途中からはペース配分を頭に入れながら、予定通りのピッチングを貫いて、結果完投勝利をおさめて見せたことになる。

これは、チームもそうだが、前田健にとっても良い再スタートが切れたといえる勝利だったように思う。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター