デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2015交流戦 > 【カープ情報】2015.06.11 広島対西武 交流戦3回戦 9回に3投手を継ぎ込んでサヨナラ負け
スポンサードリンク

【カープ情報】2015.06.11 広島対西武 交流戦3回戦 9回に3投手を継ぎ込んでサヨナラ負け

2015年6月11日に行われた、広島対西武の交流戦3回戦の試合結果

広島 202 000 000|4
西武 300 100 001|5

勝 高橋朋 1勝0敗17S
負 ヒース 0勝3敗4S
S -

【本塁打】エルドレッド5号

西武先発の岸とは、過去8度の対戦で7勝0敗と、なぜか相性がいい。
打ち崩している試合もあれば、抑えられていても味方の援護があって勝利したりと、勝ち運に恵まれている。
あまりそこだけに気を取られて試合に臨むわけにはいかないが、プロ入り初勝利を狙う武内にとっては、こういった外的要因によるチャンスでもモノにしたいだろう。

終盤まで好投しても勝てず、抑えていても内容が悪く打たれそうだからと序盤で交代した試合もあった。
その時に比べれば、肩の力の入り具合は少なくなっているだろう。
調子のいい打者も多く、積極的なスイングをしてくる西武打線といえど、チームとしては2試合連続で4失点で留めている。
3試合連続スタメンの會澤のリードを信じて、投げていくことが求められるだろう。

またスタメンは、打つ方に関しては調子を挙げてきている鈴木誠をスタメン起用してきた。
それ以外は昨日と同じで、DHに新井、ファーストにエルドレッドが入ったのが守備の変更点。
新井の守備は疲れを考慮してのものかもしれないが、ともかく昨日8点を取った打線の勢いに期待したい。

早速初回に2点を先制するが、武内は肩に力が入りまくり。
コントロールが定まらず、追い込んで勝負球を使うというレベルの投球ができず、ボールが続き、何とかストライクゾーンに投げることのみに神経を使っているような印象。

組み立て以前の初回だった。

それでも3点で終わってくれて、2対3という初回の攻防を終えると、岸と武内ともに2回は何とか立ち直った。
特に武内に関しては、ようやく打者と勝負できるピッチングになり、これならば5回まで持ってくれはしないだろうかという希望が出てきた。

すると3回のカープの攻撃では、エルドレッドが岸の緩い縦のカーブをうまくため、すくい上げて滞空時間の長い本塁打がレフトスタンドへ突き刺さった。
これで再びカープのリードとなり、武内の投球内容に変化が訪れるかどうかが気になるところ。
しかし、特に変化は見られず、簡単に打ち取った当たりを菊池が送球時にこぼしてしまうエラーをしても、冷静に抑えきった。

今日の2回以降の武内は、縦に割れるカーブとスライダーが投球のほとんどを占めるのではないかというほど、変化球を多く使ったピッチングをしていた。
3回に四球を与えた中村剛には、ほぼ全球変化球で、三振を奪ったセラテリには、追い込むまでは変化球を使った後、最後の一球でインコースのストレートを使って見逃し三振を取っていた。

スライダーとカーブが共に縦の軌道を描き、落ち際にコースが変わることで、この2種類の変化球がかなり有効だった。
それだけに4回の栗山の同点タイムリーは、真ん中高めのストレートを打たれており、ストレートの割合が増えていたタイミングを狙われた形となり、少し残念な失点だった。

これで4失点のリミットに到達し、同点ということもあり、初勝利のチャンスを残して続投させていくのか、難しい判断を迫られることになるが、ここで武内は交代。

今季のカープの継投策は後手に回るケースが多く、継投のタイミングに自信を持っているとは言い難いだけに、この早めの交代は評価できる。
武内にしても、2回以降のカーブ、スライダーを軸に組み立てる投球には手応えを感じたのではないかと思うので、しっかりファームで立て直し、今度は初回からこのピッチングができるように頑張って欲しい。

さて、5回以降は両チームのリリーフ陣が踏ん張り、同点のまま最終回を迎える。
9回裏のマウンドには、回跨ぎのヒースが上がっているが、先頭の大崎にヒットを打たれた時点で、戸田にスイッチ。
その戸田は、進塁打と四球で1アウト1、2塁とランナーを残して、三連投となる中田にスイッチ。

ここで中田は、浅村を併殺コースのショートゴロに打ち取ったかに見えたが、セカンドランナーに打球が当たる守備妨害で、併殺でチェンジのはずがランナーが残ってしまう。
中村剛とは勝負の末、四球を選ばれ、9回裏2アウト満塁という大ピンチを迎える。

そしてメヒアには、インコースを攻め切れず、左中間にサヨナラタイムリーを浴びてしまう。

併殺に打ち取ったはずの打球が、ランナーに当たるという、何ともやりきれない不運があっての敗戦で、中田は自分を責める必要はない。

昨日、大瀬良を2イニング投げさせなければ、今日も9回から登板出来た可能性はあったし、そうなれば中田の三連投も避けられたかもしれない。

9回に3人の投手を継ぎ込んで、1点を守れなかったという結果には、不運なプレーが絡んでいるが、少なくともヒースと戸田でピンチを招いたという事実は残る。
3イニングを無失点と好投した今井は、明日は起用しにくいし、中田の四連投は絶対にあり得ない。
戸田も2試合続けて四球でピンチを広げているし、今日もマウンドの状態を気にしながら投げる仕草があり、少しナーバスになりかけている。
5月30日の試合で、満塁の場面で登板し、三振に仕留めたときのマウンドでの顔付きとは、明らかに異なっている。

順番はともかく、ソフトバンク戦でリードして終盤を迎えた場合、大瀬良と中崎の2人を8回と9回に起用するしかなくなってきており、そんな状態で大瀬良をセットアッパーとして2イニング投げさせるつもりで起用するのは、ベンチとしては楽な考え方かもしれないが、昨シーズンの中田がそういう起用をされ、結果どうなったかはご承知の通り。

武内にしても、初回こそ自分のピッチングが出来なかったが、2回以降の投球は、これほど変化球をうまく使える投手だったかなと思わずにはいられなかった。
ファームの指導力を、もう少し一軍で活かせる道を探せないものかなと思ってしまう。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター