カンジタ 治療

デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2015交流戦 > 【カープ情報】2015.06.09 広島対西武 交流戦1回戦 前田健粘投も西武打線に力負け
スポンサードリンク

【カープ情報】2015.06.09 広島対西武 交流戦1回戦 前田健粘投も西武打線に力負け

2015年6月9日に行われた、広島対西武の交流戦1回戦の試合結果

広島 010 010 000|2
西武 011 000 02×|4

勝 増田 1勝2敗
負 前田健 4勝5敗
S 高橋朋 0勝0敗17S

【本塁打】松山3号、シアーホルツ5号

今日の試合に関しては、何と言っても大瀬良のリリーフ登板があるのかという点に尽きる。
まずは1イニング限定で投げた時の大瀬良の投球内容が、先発時とどう変わるのかというのが気になるところ。

そして打線の方も、右投手相手でもスタメン起用されていた鈴木誠は、やはりスタメンから外れ、またスタメン復帰の丸も打順は7番ということで、ここは柔軟に対応してきたなという印象。

先発の前田健の投球は、調子自体はまずまずに見えたが、西武の各打者の振りの鋭さもあって、良い当たりではないにしても、速い球足が野手の間を抜けていく。
常にランナーを背負うことで、細心の注意を払いながらの投球となり、かなり窮屈な印象。

2点を取られはしたものの、前田健でなければここまで粘れただろうか、というほど攻め続けられていた。

ただ、3回あたりからインコースを上手く使いだしてから、ちょっとずつ投手側の有利な攻め方が出来るようになってきた。

打線の方も、松山とシアーホルツの本塁打で2点は取ったものの、十亀の前にはほとんどランナーを出すこともできず、得点圏にランナーを進めることが出来たのは、7回の1度のみと抑えられてしまっていた。

十亀が先にマウンドを降り、増田が登板してきたところで、ようやく先頭の會澤がヒットで出塁し、代走の赤松を送って勝負に出た。
しかし、せっかく赤松を代走に送っても、普通に送りバントをしていったことで、相手にプレッシャーをかける程の攻撃とは言えなかったように思う。
結局、木村の送りバントで、この日2回目の得点圏にランナーを進めるものの、あと一本が出ず。

また良く言われるのが、同じ投手が投げている状態で、捕手が交代する影響は大きいということがあるが、捕手が石原に交代し、前田健が中盤以降西武打線を抑えていたインコースの使い方は、出来なくなっていた。

牽制悪送球でピンチを広げ、1アウト満塁から秋山には、アウトコースのストレートを、レフト線に運ばれ、勝ち越されてしまう。

120球近く投げての8イニング目、捕手が交代、となれば捕手の交代に合わせて、投手も交代するというのも選択肢の一つだった。
このイニングの前田健は、ピンチを招いてもギアが上がらず、球速も140キロ前半どまりで、限界が近かったようにも見えた。

ただ、西武打線の振りの鋭さを目の当たりにしていたことで、リリーフ投手を継ぎ込む勇気が持てなかったのだろうか。

會澤を代えてまで、赤松を起用しても、揺さぶりをかけられなかったことや、4安打に抑えられたこと、温情スタメンの丸が結果を残せなかったこと、終盤の捕手交代、前田健が真っ向から打ち砕かれたこと等々、力負けを認めざるを得ない。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター