デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2015交流戦 > 【カープ情報】2015.06.07 広島対楽天 交流戦3回戦 福井チームトップタイの5勝目
スポンサードリンク

【カープ情報】2015.06.07 広島対楽天 交流戦3回戦 福井チームトップタイの5勝目

2015年6月7日に行われた、広島対楽天の交流戦3回戦の試合結果

楽天 000 100 000|1
広島 000 102 00×|3

勝 福井 5勝1敗
負 則本 3勝5敗
S 中崎 0勝4敗7S

【本塁打】エルドレッド4号

ついに、という表現が正しいのかは分からないが、丸がスタメン落ちとなって、3番にはシアーホルツ、センターには鈴木誠が入った。
打線については相手投手次第でどうとでも結果は変わるだけに何とも言えないが、守備に関しては本職ではない選手がセンターという点が気掛かりではある。
少なくとも、今後継続していく守備位置とは思えないが、鈴木誠にとっては3試合連続スタメンという大チャンスを与えられているだけに、打撃はもちろん、守備でも今後も継続してスタメン起用させたいというインパクトを残したい。

いきなりのセンターフライ2つという立ち上がりは、鈴木誠を後押ししているかのよう。
そして、福井はコントロールが安定し、フライアウトが多いと言っても、打者は差し込まれており、テンポも含めて、今日は良い時の福井かという期待がある。
それでもいきなり崩れたりもするので安心はできないが、ムードは良く感じる序盤だった。

2回裏の攻撃では、新井、エルドレッドの連打でノーアウト1,2塁となり、鈴木誠が打席へ向かう。
追い込まれてからのバッティングで、結果投ゴロ併殺打に倒れてしまうが、ここで新井との比較をしてみたいと思う。
新井は先日の試合で、0-2というカウントから四球を選んでいたが、この2つのストライクは打ってもヒットにならないコースで、あえて難しいボールに手を出さなかった。
今日の鈴木誠は、打てるボールを見逃してカウントを悪くしており、このあたりは、将来中軸を担っていかないといけない打者としては、新井との差を糧にしていってもらいたい。

さて、福井の方は4回に初めてランナーを出してからコントロールが乱れた。
ヒットと進塁打の後、2つのワイルドピッチで先制点を与えてしまう。
動揺が見られたところで一旦間をとって見るが、こうなると打ち取った当たりでもヒットになるという、悪い流れが訪れてしまう。
最初の1点で止めておけば、まだまだ試合の行方は分からないという中で、耐えきれないというのは負けが嵩む投手の特徴とも言える。

そういう面では、今季貯金3つの福井は、今季のここまでは負けが嵩む投球をしない投手。
1イニングでワイルドピッチが3つと、かなりバタバタになりながらも、1失点でしのいだ。

このワイルドピッチも、會澤が1つでも止めておけば、という思いもあっただけに、すぐ裏の4回の攻撃で、會澤のタイムリーで1点を返したのは、捕手としての意地だったかもしれない。

5回に入っての福井は、1アウトから四球を出してしまうものの、4回のような荒れ方はしておらず、ワイルドピッチの原因ともなったフォークの制球も戻ってきた。

1点を失っても追加点を許さず、その後のイニングでも調子を取り戻したことで、再び打線にもリズムが出たのが、エルドレッドの勝ち越しツーランという形となって表れた。

鈴木誠にも気合いの内野安打が出て、木村が送って、もう1点取れれば、かなり有利な展開に持って行けそうなところで、會澤のショートゴロで鈴木誠が三塁に走って憤死という、走塁ミスが出てしまう。
こういうプレーは、レギュラーを狙っていく上で、解消していかなくてはならず、試合が終わってから十分反省する必要がある。

今日はセンターという守備の要を任されている訳で、ここまでは大きなミスもなく、無難にこなせている。
最後まで集中した守備を見せてくれれば、十分合格点が与えられるだろう。

さて福井が7回まで投げ切ったことで、あとはヒース、戸田、中崎の3人で2イニングを投げる逃げ切り態勢に移る。
昨日2イニングの中田の出番は、常識的にはあり得ない。

誰が登板してくるかという前に、7回裏の攻撃でチャンスをつかむ。
菊池がエラーで出塁すると、シアーホルツのセンター前ヒットで、菊池、シアーホルツそれぞれ好走塁を見せて、1アウト2、3塁のチャンスで、ようやくチャンスメイクという役目から、ランナーをかえす役目を担うべく、新井が打席に向かう。
しかし、あまりに自信ありげに打席に向かうものだから、楽天バッテリーも勝負を避けた。
しかも、先ほど本塁打を打っているエルドレッドとの勝負を選択してまでも。

そしてエルドレッド三振の後、鈴木誠の打席で代打丸が告げられる。
満塁で滅法強い鈴木誠を代えるということは、走塁ミスが引き金には違いなく、ファン目線で言えば、勝負を度外視しても鈴木誠の成長のために交代させたと捉えることになる。
逆に、この代打はタイムリーを期待するよりは、満塁での押し出し四球狙いで丸を送ったと判断するケース。
赤松、丸、野間で8回から守備を固めるという狙いもあったことだろう。
残念ながら押し出しはならず、無得点で8回へ突入。

その8回はヒース。
しかし守備はレフトが赤松で、センターが丸。
昨年は丸を中心に守備を組み立てていることもあり、守備固めといっても、こういうフォーメーションがほとんどだった。
せっかく丸に荒療治を施すのであれば、今日の試合に関しては、無理に丸をセンターに据えなくても良かったのではないかという気がする。
ともあれ、ピンチを招くものの、ヒースは2者連続三振で、まずはセットアッパーの役目を果たした。

9回には中崎が登板するが、中崎のコール時の球場の雰囲気は、昨日よりはザワつきが減ったように感じたが、歓声が上がるというほどでもない。
歓声に変え、さらに大歓声に変えていくのは中崎自身。
3人で抑えに成功し、最後は歓声を浴びたのは、徐々に励みになってきつつあるのではないだろううか。

鈴木誠もミスは出てしまったが、まだまだ伸びていけるし、反省すべきところは反省し、次の試合でも最高のパフォーマンスを発揮してもらいたい。
福井は、黒田と並んでチームトップタイの5勝目で、貯金はチーム最多の4つ。
3連戦の勝ち越しも出来たし、交流戦は6勝6敗の五分。
来週の西武、ソフトバンクとの交流戦最後の2カードに向けて、交流戦の勝ち越しという当面の目標もあるし、まだまだ上を目指していけるはず。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター