デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2015交流戦 > 【カープ情報】2015.05.31 広島対オリックス 交流戦3回戦 福井カープ先発陣の中で最多貯金
スポンサードリンク

【カープ情報】2015.05.31 広島対オリックス 交流戦3回戦 福井カープ先発陣の中で最多貯金

2015年5月31日に行われた、広島対オリックスの交流戦3回戦の試合結果

広   島 000 000 110|2
オリックス 000 100 000|1

勝 福井 4勝1敗
負 佐藤達 1勝5敗
S 中崎 0勝3敗5S

【本塁打】T-岡田4号、松山2号

右の西対策として、昨日は野間がスタメンだったが、今日は松山がスタメン。
野間はここのところ空振りが目立ち、作戦面でも、連続して起用するにはちょっと難しい状態だった。

また、松山に関しては、7番という打順であれば、走塁面、戦術面で大きな負担もなく、起用しやすいとも言える。

さて、この試合に関しては、前回登板で大荒れだった福井が、調子を取り戻せるかがポイント。
ただ、今季の唯一の敗戦と前回の大荒れは共にヤクルト戦。
単に相性的なものなのかどうか、このオリックス戦がある程度の目安となる。

その福井は、適度に荒れて、突発的に四球を与えるが、球威、スピードともまずまずの、福井らしいピッチング。
ここで、このコースにストライクが入ってくるのかと、面喰っている様子は見て取れる。

一方の打線の方は、今季は昨年に比べると芳しくない成績が残っている西に対し、なかなかランナーを出すことが出来ない。
6回まで、1安打、無四球、13三振という結果が示すように、まったく得点できる気配がない。

特に、1番から3番が抑えられ、ランナーが出ないことで、昨日の金子から点を奪ったようなプレッシャーをかけながらの攻めが出来なかったことが、一番効いた。

また、ロッテとの三連戦と、オリックスとの三連戦では、エルドレッドへの攻め方が一変したことも、影響が大きい。
この三連戦でヒット1本だけに抑えられたが、基本的にはアウトコースのボールになるスライダーで三振を奪うという、去年までのエルドレッドへの攻め方の定石とも言える配球を、徹底されていた。

こうなると、コントロールに間違いの少ない、金子、西という投手に対しては分が悪かった。

4回にT-岡田の先制本塁打で1点を先制されるが、今日の福井のピッチングには、オリックス打線もなかなかチャンスを作ることが出来ていなかった。

このことが、1点先制されても、攻撃に集中できる環境を作り出している。
前回の3ボール連発や四球で、守備からリズムを崩してミスの多くなる試合と、ここまで違いが出るのだという分かりやすい対比が出来るというもの。

また、黒田、永川が、あれだけ苦労していたカラバイヨに対して、文字通り的を絞らせないピッチングが出来るのだから、福井というのは不思議な投手と思ってしまう。

7回に、西が初めて四球を出し、これがシアーホルツの同点タイムリースリーベースを呼び込む。
しかし、このスリーベースは、センター前ヒットがワンバウンドで、前進してきたセンター駿太の頭の上を超えるというプレーで、所謂草野球のようなプレー。
ある意味タイムリーエラーのような失点で、その間も、福井は相手にペースを渡すようなピッチングをしておらず、同点に追いついたことで、カープ側へ流れが傾くことになる。

8回には、リリーフ佐藤達の代わり端を捉えて、今日スタメン起用されていた松山が勝ち越し本塁打を放つ。
これも0-2と追い込まれた後の本塁打で、全ては拙いプレーからの流れとも取れる。

8回裏には、球数が多くなり、やや疲れの見えてきた福井が、1アウトから連続四球と、制球を乱し始めたのを見て、この三連戦で初めて、早めの投手交代を見せる。

昨日、3者凡退で抑えに成功した中崎を、1アウト1、2塁の場面で送り出し、こちらは代わり端で併殺に打ち取り、ムードもカープ勝利へ加速してくる。

9回もマウンドに上がった中崎が、田中のファインプレーもあって三者凡退で打ち取り、2日連続セーブを成し遂げた。
この日は會澤とのバッテリーで三者凡退に打ち取っており、悪い箇所を一つずつ修正してきているなという印象。

昨日もそうだが、拙いプレーで相手に流れを渡すと、その流れをひっくり返すことがいかに難しいことか、反面教師にしないといけない試合だったように思う。

ともあれ、同一カード三連勝で、交流戦首位に立って、本拠地に戻ってくる。
このタイミングで、中崎の2試合連続セーブというのは、抑えに過度の心配をしなくても良いという面では、精神的に落ち着いて試合に臨めるだろう。
もちろん、それで今後も抑えられるという単純な話でもないだろうが、自信を取り戻してくれるのも必要。

ノーエラーで1点差ゲームをものにしたという結果、流れを来週にも持ち込みたい。
それにしても、先発6番手の福井が、カープ先発陣の中でもっとも貯金を作っているという事実も、不思議な感じがする。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター