デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2015公式戦 > 【カープ情報】2015.05.23 広島対ヤクルト 公式戦9回戦 ジョンソン修正能力発揮できずKO
スポンサードリンク

【カープ情報】2015.05.23 広島対ヤクルト 公式戦9回戦 ジョンソン修正能力発揮できずKO

2015年5月23日に行われた、広島対ヤクルトの公式戦9回戦の試合結果

ヤクルト 040 008 000|12
広  島 120 200 003| 8

勝 石川 3勝5敗
負 ジョンソン 4勝2敗
S -

【本塁打】なし

昨日の代打出場を経て、エルドレッドがレフトでスタメン復帰。
再注目はここに尽きる。

初回の攻撃で、相手のエラーに付け込んで、丸の犠牲フライで先制というのは、巨人戦での先制点を思い出す。

ところが今日のジョンソンは、ストライク先行の投球が、ヤクルトの積極打法にぴったり合ってしまった。
指に引っ掛かって、思い通りにコントロールできていない面も見られたが、自滅するというほどでもない。
防御率1点未満という成績が示すとおり、これまでは非常に相手に与える点が少なく、1点を取られたとしても後に引きずることのないピッチングをしていた。

それでもどうしても内容の悪い日が来ない訳がないという懸念が、今日のタイミングで訪れたとしか言えない。
何を投げてもヒットコースに飛んでしまうのは、ちょっとしたコースのずれで起こりうる。

ただ、今日の試合も、昨日に引き続いて守備で良いプレーを見せることで、攻撃のリズムをつかんでいく。
2回には、シアーホルツ、梵、石原の三連打で2点を返すと、3回には丸の好返球で本塁を狙ったランナーを刺し、追加点を防ぎ、徐々に流れを引き寄せる。

そして4回には、シアーホルツ、梵の連打となるが、この梵の左中間への当りを、ミレッジと雄平がともに追いかけて激突し、ボールを後逸している間に、梵も本塁を陥れ逆転する。

このプレーで頭を強打したミレッジはベンチに退いており、敵味方関係なく、ちょっとぞっとするプレーだった。

しかし、やはり今日のジョンソンのボールは、どんな形であれヒットになってしまう。
7回には四球を挟んで3連打で2点を失い、逆転されたところでジョンソンはKO。

今村が後を受けているが、昨日はストレートしか頼れるボールがない状態で、石原が変化球を見せ球にしてストレートで勝負する、巧いリードを見せていた。
しかし、今日の今村は、ストレートでストライクを取った後、スライダーをライト前にヒットを打たれ、完全に逆のピッチングをしている。
雄平に対して押し出しで追加点を取られた後、中村にはやはりスライダーを左中間を破るエンタイトルツーベースを打たれ一気に突き放された。
昨日の今日で、投手も捕手もここまで極端に変わってしまうのだろうか。
追い込んでからのフォークも一球もなく、こうなってしまうと現在の今村が抑えられるボールがない、ということになる。

梵のサードフライ落球で、もうムードも最悪になり、さらに追加点も奪われ、それでも今村を交代することもない。
これでは逆転に向けて一丸となって攻撃していく雰囲気にもならない。

1点ビハインドで登板する投手に今村を送るしかなかったブルペン事情もあり、今日のジョンソン、先日の大瀬良と先発投手の交代時期を見誤っているのは残念。

こうなってしまえば、一軍登録されたばかりの飯田、今井を起用するお試し起用モードへ突入。

ジョンソンもこういう日がある。
次回登板では元の姿を取り戻してくれれば、この試合の敗戦も活きてくるだろう。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター