デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2015公式戦 > 【カープ情報】2015.05.20 広島対中日 公式戦8回戦 ミスをした試合は敗戦(その2)
スポンサードリンク

【カープ情報】2015.05.20 広島対中日 公式戦8回戦 ミスをした試合は敗戦(その2)

2015年5月20日に行われた、広島対中日の公式戦8回戦の試合結果

広島 003 020 010| 6
中日 000 004 34×|11

勝 浅尾 1勝0敗
負 今村 0勝1敗
S -

【本塁打】丸3号、シアーホルツ2号、3号、藤井1号、エルナンデス2号

中日の先発は右の山井だが、昨日とスタメンが全く同じとなっている。
自分たちで打開策を見つけていかないと、という監督のコメントを目にしたが、かなり好意的に受け取るなら、少々の小細工や作戦で1点を取ったところで、長いシーズンを通して見れば、不振の打者が上向いて打てるようにならないと、結局は得点力の向上にはつながらない。

松山や野間、木村を起用せず、同じメンバーということは、今日のスタメンが今後の主力となるのだから、打って見せろ、ということなのだろう。

だから、ここまで不振だった丸の先制本塁打を生んだ、という単純な話ではないが、正直なところ丸の3番というのも、絶対ではなかったように思う。
とりあえずは結果が出たが、長続きしないようだと、いよいよ3番の座から陥落するところまで来ていたように思う。
昔の話になるが、新井が初めて開幕4番に座ったシーズンでは、大不振で4番の座から降格した。
ただ、その時の首脳陣の判断は、決して本人にとってマイナスにはなっていなかったと思う。

全てを背負う責任感も大事だが、それだけで打撃が復調するものであるのかどうなのか、見極めの時期に来ている。

さて、打撃全般としては、動いた時はいい結果が出ず、3回の3点の後のエンドラン失敗、4回の送りバント失敗、強行すれば併殺打と裏目に出た。

しかし、5回の新井のヒットの後は、動かずシアーホルツに自由に打たせると、山井のフォークが落ち切らなかった所を、軽く払ったような打球がライトスタンドに飛び込んだ。

5回を終えて5-0というスコアは久しぶりで、これは大瀬良の好投に尽きる。
どうしても比較のような言い方になってしまうが、先制点を取った後の中日の反撃を、苦労しながらも0点に抑えたというのが、試合の流れを相手に渡さないという意味で重要だった。

ただ、この苦労しながら抑えていたというのがポイントで、大瀬良の登板時はどうしても球数の多さがネックになり、この試合でも6回途中で100球を超えてしまう。
さらに、大瀬良自身の送りバントの2回失敗や、ワイルドピッチなどミスが出たことで、投球リズムに悪影響が出ている。

結局、大瀬良は6回途中でKOとなり、ザガースキーが登板。
しかし、明らかに登板イニングが1イニングは早い。
先日のザガースキーの回跨ぎの成功で、この試合もおそらく6回と7回を任せるつもりでマウンドに送り出したのだろう。
しかし、大島に粘られた挙句にタイムリーを打たれて1点差に詰め寄られ、亀澤にも四球で満塁のピンチを背負い、満塁となったところで1アウトも取れずに交代と、完全にプランが壊れた。

満塁のピンチで登板した今村が、平田を三球三振に打ち取り、とりあえずのピンチは脱した。

こうなると、ミスの出た1点差ゲームは例外なく負ける、という昨日のタイトルが頭を過る。

1点差に迫られた7回の攻撃は、簡単に三者凡退で中日の追い上げムードが増してくる。
789回に投げるのは、回跨ぎの今村、永川、中崎という3人が有力で、展開によっては不調の一岡の出番も巡ってくる。

そういう継投策を思い描いていたはずが、その最初の7回に今村が沈んだ。
エルナンデスには打った瞬間は本塁打も覚悟したフェンス直撃のツーベースでピンチを広げ、2アウト後にマウンドに集まり、藤井を敬遠して杉山勝負を選択するかに思えたが、藤井との勝負を選択し、逆転スリーランを浴びる。

昨年の豊橋での試合では、地元出身の藤井にサヨナラ本塁打を浴びており、筋書き通りの内容にしても、あまりに巧くいきすぎだろう。

今村は、一軍復帰後の数試合では力強いフォームを取り戻していたなという印象だったのが、この試合の7回はほとんど手投げに近いフォームに戻ったように見えた。
これは杞憂に終わればいいのだが、一軍で登板できる状態から徐々に遠くなっていたのではないだろうか。

逆転を許した直後の8回に、シアーホルツのこの試合2本目の本塁打で1点差に迫り、さあ1点差ゲームでの負けが現実味を帯びてくる。
ロサリオの死球のあと、梵が2球送りバントをファールにし、最後に打って出ると併殺打になるという、負ける試合の典型的なプレーが出てしまう。

自分たちで打開策を見つけていかないとということで、打つ方ではそれなりに結果を出したが、起用したメンバーは、これまで同様でミスは多く出ているし、ベンチからサインを出せば裏目に出る。
継投策は失敗し、敬遠か勝負かの選択では、選択ミスをする。
代打の切り札は、2アウト1塁という得点圏にランナーを置かない場面で起用し、四球でチャンスは広げ、さらにワイルドピッチで一打勝ち越しのチャンスを作るものの、最後の一本は出ない。

そして継投策の失敗のツケを、一岡が支払う形となり、最終回の反撃を待たず、1点差どころか大敗となった。

一生懸命プレーをやっていない訳ではない。

しかし、これだけミスの多い試合をしてしまえば、勝ちも逃げていく。
では、どうするのか。
移動日を挟んでのヤクルト戦で、その答えを見せてもらいたい。
決して選手が自分たちで乗り越えないと、などというコメントは聞かせないでほしい。



関連記事
スポンサーサイト
シンク
5点差がついて今日はいけるかと思って回を見てみたら、まだ5回。大瀬良のピッチングは相変わらずしゃんとしない
なんか嫌な予感がした。このブログで見た1点差のゲームエラーをすると負ける
家族で御飯を食べながら、ポロッと言ってしまった・・・・他のみんなはさすがにないでしょうと笑いながら食事は続く
大瀬良のバントミすワイルドピッチも確かに決定的だと思ったが、丸のあのセンターフライを目測ミスあれで勝負決した
となぜか思ってしまった。緒方になって、ここまでエラーが増えたのは監督の影響がないとはいえ何じゃないかと。誰かを
悪者にせずにはいられない試合ばかり。まだ100試合もこんなグダグダなプレイを皆幼いと思うと杞憂でしかない
良い材料がほしい、1つや2つじゃたりない
[ 2015/05/20 22:26 ] [ 編集 ]
5点差がついて今日はいけるかと思って回を見てみたら、まだ5回。大瀬良のピッチングは相変わらずしゃんとしない
なんか嫌な予感がした。このブログで見た1点差のゲームエラーをすると負ける
家族で御飯を食べながら、ポロッと言ってしまった・・・・他のみんなはさすがにないでしょうと笑いながら食事は続く
大瀬良のバントミすワイルドピッチも確かに決定的だと思ったが、丸のあのセンターフライを目測ミスあれで勝負決した
となぜか思ってしまった。緒方になって、ここまでエラーが増えたのは監督の影響がないとはいえ何じゃないかと。誰かを
悪者にせずにはいられない試合ばかり。まだ100試合もこんなグダグダなプレイを皆幼いと思うと杞憂でしかない
良い材料がほしい、1つや2つじゃたりない
[ 2015/05/20 22:26 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
シンクさま、こんばんは。

思うところはいろいろあると思いますが、一番残念なのは、過去2年で連続3位という結果を残し、その内容は守備のミス、走塁のミス、その他もろもろの失敗を糧にして徐々に力を付けてきてくれている。

そういった経験の積み重ねが、ついに花開くのが今季、という状態で開幕を迎えてくれる。

と思いきや、オープン戦から試行錯誤の連続で、若手野手の見極め起用期間が長くなり、なかなか実戦モードに入れず、結局オープン戦では作戦らしい作戦も試せず、開幕してからも昨年までと同じようなミスを繰り返している。

その繰り返されるミスも、すぐに修正して交流戦明けからは上昇していくというのが過去2年のカープですが、それでは過去2年の経験は何だったのか、活かされていないのではないか、というのが正直な思いです。
地方球場が、慣れないマウンドが、というのも今年が初めての球場ということでもなく、その点についても経験の蓄積が活かされていないと言ってもいいでしょう。

どうしても過去2年を引き合いに出してしまいますが、1つのミスで負けた試合については、修正して同じ失敗を繰り返さないことで、勝率5割というのが確保できます。

ただ、今年に関しては同じようなミスを繰り返すことで、勝率5割に届いていないと言えるのではないでしょうか。

個人名を出して叩くのはあまり好きではないので、具体的なことは言いませんが、同じミスを何度も繰り返すような場合や、何度チャンスを与えても結果が伴わない場合は、たとえ主力でもいったん冷静になる間を与えてはどうかと思います。

本日の記事で、新井の例を出しましたが、挫折なくして成長はあり得ないと思うので、結果が出ていない選手に対しては、成長を促す施策を出して欲しいものです。

今後のポジティブ要因は、エルドレッドなどの故障者の復帰ではなく、現状でミスが多かったり結果の出ていない選手が目の色を変えてプレーしてくれることを挙げてみたいと思います。
正直な印象では、良い意味では切り替えが出来ている、悪い意味では執着がない、というように見えます。
[ 2015/05/20 23:24 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/05/21 11:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター