デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2015公式戦 > 【カープ情報】2015.05.15 広島対DeNA 公式戦7回戦 DeNAの強さを目の当たりにさせられた
スポンサードリンク

【カープ情報】2015.05.15 広島対DeNA 公式戦7回戦 DeNAの強さを目の当たりにさせられた

2015年5月15日に行われた、広島対DeNAの公式戦7回戦の試合結果

DeNA 000 130 020|6
広 島 300 000 200|5

勝 長田 1勝0敗
負 一岡 0勝4敗
S 田中健 1勝0敗1S

【本塁打】田中3号、バルディリス4号

故障明けの黒田と、ファームで打率3割超を記録し、満を持してシアーホルツが再登録されてきた。
シアーホルツに関しては、今回の一軍での打撃内容次第で、今後の起用法にも影響するだけに、万全の状態で臨む今回は結果を残して欲しいし、残さないといけないところ。

まず黒田の立ち上がりは、ランナーを出すものの、投球内容は開幕時と変わらない印象。
毎試合同じピッチングが出来る再現力をこの試合でも発揮している。

一方のカープの攻撃は、田中の2試合連続先頭打者本塁打で先制し、首位DeNAに対し、まずは後手に回らずに済んだ。
いや、それどころか注目のシアーホルツにもタイムリーが飛び出し、いきなりの4番起用が嵌ってくれた。

3点リードで始まった試合は、5回表に暗転する。
黒田が、1アウト2塁のピンチを迎えるが、石川を空振り三振に打ち取った。
しかし、審判の判定は、ファールチップがワンバウンドしたとして、ファールの判定になってしまった。
普段、当ブログではあまり審判のアウト、セーフの判定について取り上げることはないが、今回ばかりはひどい判定と言わざるを得ない。

ここで抑えてくれれば良かったのだが、本来アウトになっている打者が四球で歩き、さらに上位打線に向かっていく流れを食い止めるのは厳しかった。

結局5回に逆転を許し、黒田はノックアウトとなっただけに、後味の悪い判定となった。

6回裏には、1アウト1、3塁のチャンスを作り、打席には會澤。
外野フライでも同点という場面で、低めのフォークを2球続けて空振りというのは、捕手らしからぬ内容の悪い打ち取られ方。
2アウト後に代打の切り札小窪のタイムリーで、同点に追い付くことに成功したのは見事で、會澤の打席を帳消しにすることが出来た。
さらに、田中のピッチャー前への緩い当たりを、山口がファースト悪送球で勝ち越し。

後は789の終盤を残すのみとなった。
7回はザガースキーが3人で抑え、8回は一岡。
2アウト2塁までは、まずまず予定どおりくらいの運びだったのだが、バルディリスに逆転ツーランを浴びてしまう。
カウント2-0からの3球目のアウトコースのボールをライトスタンドに叩き込まれたわけだが、最初の2球は決してバルディリス勝負ではなかったように見えた。
3球目も外れてもいいつもりで、アウトコースに放っていたが、これがバットが一番出やすい高さとコースに入った。
勝負するつもりのない、気持ちの入っていないボールでは弾き返されても仕方がない。

あれは、チーム全体のミスだろう。

8回に逆転を許し、すでに代打の切り札は使っている。
逆にDeNAは勝ちパターンのリリーフを投入してくる展開となり、文字通り一気に形勢が逆転してしまった。

終盤までリードされていても決して諦めない、そして実際に逆転し、リードすれば勝利の方程式で逃げ切る。
しかも、9回は丸、シアーホルツ左が続くとあって、左のセットアッパー田中健を抑えに起用し、守護神山崎康を温存するという先を見据えた戦い方をしてきた。
今日の負け方は、DeNAの強さを認めざるを得ない。

認めざるを得ないが、判断ミスの防止や状況の再確認など、出来ることを徹底的に行うことで防げる失点もある。
派手な勝利は望まない。
泥臭い勝利でもいいではないだろうか。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター