デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2015公式戦 > 【カープ情報】2015.05.14 広島対巨人 公式戦11回戦 野村の割り切り投球で巨人戦だけで3勝目、中崎の狙って奪った三振で逃げ切り
スポンサードリンク

【カープ情報】2015.05.14 広島対巨人 公式戦11回戦 野村の割り切り投球で巨人戦だけで3勝目、中崎の狙って奪った三振で逃げ切り

2015年5月14日に行われた、広島対巨人の公式戦11回戦の試合結果

広島 100 220 000|5
巨人 030 000 010|4

勝 野村 3勝2敗
負 マイコラス 0勝2敗
S 中崎 0勝2敗2S

【本塁打】田中2号、アンダーソン2号、松山1号

流石に3試合連続同じスタメンではなかったが、それでも左打者を多く並べてくる傾向は変わらない。
藤浪、メッセンジャーを攻略したのは、決して個人だけの力ではなく、チームとしての力というのを見せてもらいたい。

さて、巨人先発のマイコラスとは2度目の対戦となるが、前回も新井は出場しておらず、状況としては大きな変化はない。

まずは田中の先頭打者本塁打で先制し、マイコラスに対し、この試合でも何とか得点が出来るという匂いがしてくる。

一方の野村の立ち上がりは、調子自体はまずまずで、大田を一塁けん制で刺すという、流れを引き寄せるプレーを見せる。
ただ、2回には何ともあっさりとアンダーソンに逆転ツーランを浴び、片岡にも追加点となるセンター前タイムリーを打たれてしまう。
しかし、ボールは低めに行っており、決して失投というボールではなく、相手がうまく打ったのだと割り切れたのか、それ以降のイニングでは、淡々と投げ続けられた。

そして、東京ドームに乗り込んでからは、当りの出ていなかった5番から7番という打順の中から、松山が同点ツーランを放った。
これは真ん中高めのボールをレフト方向へ運んでおり、こういう打球を待っていた。

そして、一応流れがカープに傾き、5回に2点勝ち越すことが出来たが、毎試合カープの流れになる瞬間はある。
それでも最終的にひっくり返されるのが、東京ドームでの巨人戦。

8回に一岡が1点を返され、ついに1点差に迫られる。
ただ、大量点になってもおかしくない場面で、併殺の間の1点だけで凌いだことで、勝機が見えた。

9回には、東京遠征に連れてきたものの、負傷の具合を見て、起用を我慢していた新井が代打で登場。
ここでは一回もバットを振らず四球を選び、新井の顔が活きた。
実際にバットを振る場面がなかったので何とも言えないが、広島に戻って首位のDeNAとの三連戦に照準を合わせたというのは考え過ぎか。

最後は中崎がマウンドに上がるが、1番の大田からの打順で、とにかく先頭打者を出さないことが重要。
しかし、大田にサード強襲安打を打たれ、片岡に送りバントを決められ、一打同点のピンチ。
ここから堂上、坂本を連続三振に打ち取り、3試合連続の1点差となるゲームを、今度は逃げ切った。

中崎の連続三振は、結果オーライではない。
追い込んでからフォークで三振を奪っており、三振が欲しい場面で狙って三振を取ることができた、というのは守護神の条件の一つでもある。
このセーブは大きな意味を持ちそうだ。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター