デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2015公式戦 > 【カープ情報】2015.05.13 広島対巨人 公式戦10回戦 大瀬良1球の失投に泣く
スポンサードリンク

【カープ情報】2015.05.13 広島対巨人 公式戦10回戦 大瀬良1球の失投に泣く

2015年5月13日に行われた、広島対巨人の公式戦10回戦の試合結果

広島  000 000 000|0
巨人  001 000 00×|1

勝 大竹 1勝1敗
負 大瀬良 1勝4敗
S 澤村 3勝2敗12S

【本塁打】大田1号

三連戦の初戦を落とし、勝ち越すためには連勝するしかなくなったカープのスタメンは、投手以外は昨日と全く同じ。
昨日わずか1得点の打線のどこに手応えを感じての同一メンバーなのだろうか。

昨日の試合は、全くタイミングの合っていない打者に代打を送る見極めの試合だったと思いたい。

しかし、今日の試合も全く動かない。

序盤から大竹の前にランナーを出すことすら難しい状況が続いていたが、全く合っていないのは丸、松山、梵、野間といったあたり。
打ち終わった後に、首をかしげる仕草を見ると、この後も期待がしにくいという思いしか出てこない。

そうしている内に、大瀬良が、大田に失投をレフトスタンドに放り込まれてしまうが、今日の投球内容では責める訳にはいかない。
あれだけ得点の入る気配が薄い状況で、緊張感を切らすことなく投げ続ける姿は、よく耐えてくれたと思わずにはいられない。

7回のピンチで、先制本塁打を浴びている大田を、3球で仕留めたのはせめてもの意地だった。

8回表に打順が回ってきたことで大瀬良は交代となるが、ヒットの會澤に代走中東、大瀬良の代打に天谷と、ある意味自動的な選手交代は見られた。
しかし、天谷は初球を打ってライトフライで、特に動きはなかった。
田中のヒットで、2アウト1、3塁のチャンスを掴んだが、菊池が早めに追い込まれたことで、一か八かのダブルスチールを狙ってみた。
しかし阿部はセカンド送球をせずに、逆に三塁走者の中東を刺しにいくなど、狙いを外され打つ手がなくなった。

ここまで封じ込まれると、相手が上手だったと納得する以外ない。

あえて指摘する事項があるとすれば、昨日はワイルドピッチで決勝点、今日も梵の悪送球でピンチを招いており、1試合一つはエラーが出ていることだろう。

9回には2アウト1塁の場面で、梵に代打小窪を送るが、得点圏ではないだけに、相手からすれば怖さも半減といったところではないだろうか。
期待に応えて小窪はヒットで繋ぐものの、代打の2番手は堂林。
あれだけ選手交代をしなかったにもかかわらず、残りメンバーの顔ぶれで、堂林と鈴木誠の二択となっていたことに驚くが、いずれにしても動くにしては遅過ぎた。

昨日も今日も1点差での敗戦となっており、これで連敗というのは堪える。



関連記事
スポンサーサイト
代打の堂林に全く可能性を感じなかったですね。フォークには100%引っかかる、ストレートには完全に振り遅れるで、工夫がなさ過ぎる。
[ 2015/05/13 21:57 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
一番最後の目立つ場面での三振なので、印象面も大きく影響しているとは思いますが、実際は堂林だけでなく、昨日から松山のボール球を振っての三振、野間の振り遅れ、梵の力のない打球というのも目につきます。
それでも2試合連続同じスタメンなので、何かしらの攻撃の意図があるのかと思いきや、特に何も仕掛けないというのも気になりますね。
[ 2015/05/13 22:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター