デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2015公式戦 > 【カープ情報】2015.05.04 広島対巨人 公式戦6回戦 インフィールドフライ落球でサヨナラ勝ち、大瀬良今季初勝利
スポンサードリンク

【カープ情報】2015.05.04 広島対巨人 公式戦6回戦 インフィールドフライ落球でサヨナラ勝ち、大瀬良今季初勝利

2015年5月4日に行われた、広島対巨人の公式戦6回戦の試合結果

巨人 100 000 100|2
広島 000 002 001|3

勝 大瀬良 1勝3敗
負 マシソン 0勝2敗1S
S -

【本塁打】實松1号

今季の巨人戦は、ここまで5試合中4試合が1点差ゲームとなっている。
お互いに打線の調子の良くない時期の対戦が続いたという面もあるが、最近では巨人側については打線の上昇の兆しがあり、先に点を与える展開だけは避けたい。

カープのスタメンには、昨日頭部死球の菊池の名前もあり、まずは大事に至らなくて良かった。

今季未勝利の大瀬良の立ち上がりは、いきなり鈴木誠がライトライナーを落球するというスタートとなり、初回からピンチを招き、1失点スタートとなり、どうしても避けたかった先制点を与えてしまった。
また、初回1失点というのもスミ1という、今季の巨人戦の流れに合致し、気になるポイントでもある。

内容はどうあれ、地元出身の巨人先発の田口にとって大きな援護となり、気持ちよく投げさせてしまうことになる。
あまり言いたくはないが、広島県大会決勝のイメージが強すぎて、田口に対しては良い印象を持っているファンも多くいるのは間違いない。
田口に負けたのであれば、仕方がない、と納得させられてしまう雰囲気すらあるのは、気のせいだろうか。
もちろん、実際にそう思って戦っている選手はいないが、試合中のイメージの問題。

大瀬良の2イニング目は、會澤、巨人戦というキーワードが示すとおり、球数の多い攻め方になってしまい、長いイニングを投げ切るには不安が残る。

試合は、やはり初回の1点のみで、あとは0行進という展開となるが、6回になって田口の投球に変化が訪れる。
まだ長いイニングを投げるだけのスタミナがないのか、徐々にストレート、スライダーともにキレが失われつつあった。

田口の立場的には、完投を求められる訳でもなく、6回まで投げ切っておけば、あとは山口、マシソン、澤村で逃げ切る策を採ってくるのは明白。

その6回に捉えておくのが、田口を勝ち投手とさせないために必要なポイントだった。
2アウトからの連打と、相手のエラーに付け込んでの逆転劇を見せてくれた訳だが、あの場面で抑えるようになってこそ、先発ローテを勝ち取れるという、意図があっての続投だったこともあり、巨人側とすれば余裕というのは言い過ぎにしても、田口にとって必要な経験と割り切っていたと思う。

それにしても、余裕の表れというのは言い過ぎかと思っていたが、すぐさま實松に同点ホームランを叩き込まれ、大瀬良にとっても今季初勝利への試練が続く流れとなった。

今後の先発ローテ入り・成長のために続投していた田口、今季初勝利に向け100球を超えて、チャンスでも代打を出されず続投する大瀬良。
どちらの温情采配が勝利に結びつくかという、それぞれの思惑が交錯する采配が見られたのは、非常に興味深いところ。

終盤には、巨人橋本、カープ丸にそれぞれファインプレーが飛び出し、勝負の行方やどちらに流れが傾いていくか全く読めなくなった。

そして波乱の幕切れが訪れる、9回裏1アウト満塁で代打の切り札の小窪が登場。
ここで内野フライを打ち上げてしまうが、三塁塁審がインフィールドフライを宣告で、この時点で打者の小窪はアウトとなる。
そして一塁フランシスコと三塁村田が捕り切れず落球。
落球の時点でインプレーとなり、打者はすでにアウトとなっているので、本塁はフォースプレーではなく、タッチプレーとなる。 フランシスコがボールを拾い直し、そのままホームを踏むが、三塁ランナーの野間にはタッチを行わなかったことで、本塁を踏んだ野間のホームインは認められる。
珍しいプレーではあるが、何度か目にしたことはある。

ホーム周辺に集まっていた、巨人の誰もタッチプレーを指示しなかったのは、三塁塁審がインフィールドフライを宣告していたため、本塁付近でプレーしていた選手はインフィールドフライではないと思ってしまったのだろう。
ただ、満塁であれだけ本塁付近に上がった内野フライがインフィールドフライでないと判断するのも無理がある。

どちらか分からないのであれば、というよりも分からないからこそタッチをしておけば、問題はないどころか、ゲッツーでチェンジ、延長戦突入だった。
野間の方とすれば、ホームを踏みに行った時点で、自分へのタッチは行わないだろうと判断して、ベース付近で進路をふさいでいる野手を交わして本塁を踏みに行っており、半信半疑ながらも本塁生還になるのではという思いがあったのではないだろうか。

走者としては、結果がどうあれ最後までベースを踏むまでが走塁というのを徹底していたからこそのホームインと言えるだろう。

ツキがあるというレベルのプレーではなく、落球自体があり得ないというのは間違いない。

終わってみれば、やはり1点差ゲームだった。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター