デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2015公式戦 > 【カープ情報】2015.05.02 広島対ヤクルト 公式戦6回戦 締めるところは締めて、攻めの姿勢が勝利を呼び込む
スポンサードリンク

【カープ情報】2015.05.02 広島対ヤクルト 公式戦6回戦 締めるところは締めて、攻めの姿勢が勝利を呼び込む

2015年5月2日に行われた、広島対ヤクルトの公式戦6回戦の試合結果

広  島 000 011 040|6
ヤクルト 010 000 001|2

勝 ジョンソン 3勝0敗
負 石川 2勝3敗
S -

【本塁打】小窪1号

カープ先発のジョンソン対ヤクルト打線と言えば、来日初登板で1安打完封というのが思い出される。
カープが苦手としている投手というのは多くいるが、逆にカープの投手陣でどのチームを明確に得意にしているというのは少なく思う。

ジョンソンは、ヤクルトキラーとなりうる存在だけに、神宮初登板を無難に迎えてほしい。

そのジョンソンは、初回を見事に立ち上がり、良い雰囲気を作ってくれた。
さあ、今日はジョンソンの調子もよさそうだと思った矢先、2回には雄平の叩きつけた打球が三塁梵の頭の上を超えるレフト前ヒット。
サードを狙った一塁ランナー畠山を刺そうと、ロサリオが三塁へ送球するも大暴投。
これで1点を先制されてしまう。

ただ、続くノーアウト3塁のピンチは、ライナーゲッツーもあり、追加点を許さなかった。

内容はどうあれ、先制点を与えてしまったのは、カープの流れではない。
石川には4回までノーヒットに抑えられ、打ち取られ方も内野ゴロの山で、いつもと同じような光景が繰り返される。

ジョンソンも、3回のエラーによる失点を引きずることなく、リズムの変わらないピッチングで反撃を待っていたところ、5回に同点に追い付く。
ロサリオの内野安打、盗塁、ヒットでノーアウト1、3塁のチャンスをつかむと、鈴木誠のセカンドフライでロサリオが本塁へ生還する。
センターとセカンドの中間あたりに上がったフライで、セカンドが若干態勢を崩して捕球した隙を突き、強い返球が難しいと判断した走塁だった。
さらに6回には、菊池のセンター前ヒット、丸のセーフティ気味の送りバントが決まったかと思いきや、一気に三塁を狙おうとした菊池が走塁死するという拙いプレーが出た直後、新井のツーベースとロサリオの連打で勝ち越しに成功。

ただ、ロサリオの当りはレフト線へのツーベースコースの打球にもかかわらず、ロサリオが一塁で止まってしまったのは反省材料。
ロサリオはタイムリーエラー、同点となる好走塁、勝ち越しタイムリーと良くも悪くも、今日の試合に得点に絡んでいる。
プラスとマイナス、どちらが大きいかは判断に困るが、一塁で止まる走塁をしてしまったことで、想像でしかないが、おそらく懲罰交代で、6回裏の守備から野間に交代した。

ロサリオは、まだまだ伸び代のある選手だからこそ、基本を怠ったプレーに対しては反省を促す姿勢は必要で、これは今後に繋がってくる。

とりあえず直近の効果としては、勝ち越しに成功した後にチームを引き締め直したことで、菊池が守備で直前のイニングの走塁死を取り返し、6回を終えた段階ではいい雰囲気が出てきた。

特にポイントとして挙げたいのは、投手ではジョンソンが不運な1失点以降も自身の投球リズムを守り、自分から崩れなかったことで長いイニングを投げることが出来た点。

攻撃では7回裏の1アウト満塁の場面で、守備固めに出ていた野間に、代打小窪を送った点。
これまでであれば、1アウト満塁で、対左投手となってもバッターには脚の速い野間であれば、ゲッツーはないだろうと、そのまま打たせていたように思う。
たとえアウトになっても次の梵に期待するという、ある意味消極的な、受け身のような攻撃をしていた可能性もあった。

もちろん1点リードしているからこその積極策かもしれないが、こういう姿勢は悪くない。

最高の結果となる、代打満塁本塁打で一挙4点の追加点となり、これで勝負の行方は決したといっていい。

キャンプ、紅白戦、オープン戦とずっと調子が上がらず、開幕直後に登録抹消になった小窪だったが、代打の切り札という選手にとって、3~4打席も打席に立つスタメンというのは、調整のリズムが合わなかったのかとさえ思えてくる。

ジョンソンは、8回にはやや疲れが見え始め、甘いコースに入るボールが増えたことで、9回には2週間ぶりの登板となる中崎。
暫定守護神任命となって以降、登板機会が減ってしまい、調整登板の意味合いもあったが、締めくくりのマウンドに多く立つのも必要な経験。
登板間隔が開くと、力が入り過ぎるもので、この日の1失点は気にすることはない。

点を取りに行く積極性に対し、実際に点を取るという実行力がかみ合ったのは、非常にいい傾向だと思う。







関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター