デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2015公式戦 > 【カープ情報】2015.04.26 広島対阪神 公式戦4回戦 1点勝負の試合で、1失点で集中力が切れたかのような敗戦
スポンサードリンク

【カープ情報】2015.04.26 広島対阪神 公式戦4回戦 1点勝負の試合で、1失点で集中力が切れたかのような敗戦

2015年4月26日に行われた、広島対阪神の公式戦4回戦の試合結果

阪神 000 006 000|6
広島 000 000 000|0

勝 能見 2勝2敗
負 永川 0勝1敗
S -

【本塁打】

昨日に引き続き、田中を1番起用してきた。
チームとしては、かなり苦手としている能見との対戦となるだけに、数少ないチャンスを確実にものにしていく必要はあるだろう。

ジョンソンもマツダスタジアムでは無失点という相性もあり、1点を争う試合になるのは間違いない。

そのジョンソンは若干コントロールのバラツキがあり、2回には3四球で満塁というピンチを背負ってしまう。
ただ、失投というのは少なく、甘いコースに行かなかったことでなんとか凌ぎ切った。

その後のジョンソンは、完全に調子を戻しきるまではいかないながらも、ほとんど失投というのはなく、3ボールが多くなったことにより球数が嵩み、5回で被安打2ながらも115球を要してしまった。
これでは長いイニングを投げ切ることは難しい。
無失点で抑えることが出来たのは、ジョンソンの粘り強いピッチングの賜物と言えるだろう。

一方で、カープ打線は能見に対し、これまでの試合同様、低めのボールに手を出して打ち取られてしまっている。
チャンスらしいチャンスもほとんどなく、試合前の予想通り、1点が致命傷となっていく展開。

そして、6回から登板の永川は、ほとんどのボールが甘く入ってしまい、ノーアウト2塁のピンチで、鈴木誠がライト前ヒットを後逸してあっさりと先制点を奪われる。
1点が致命傷という雰囲気を感じているからこそ、鈴木誠のライト前のライナーへのチャージであり、あと一歩の球際の処理の結果が、今日の試合の流れの象徴だった。

永川は先制を許した後も、まったく立ち直ることができず、満塁から押し出しで追加点を与えてマウンドを降りる。
続いてマウンドに上がった河内は、鳥谷を追い込んだ2球のスライダーは、かなりキレのあるボールだったにもかかわらず、勝負球として投じたスライダーには、キレを感じなかった。

結果、永川と河内のピッチングで勝負の行方は決した。

ジョンソンが粘って無失点で進めてきた試合だったが、6回だけ別の試合を見ているかのように流れが変わってしまったとことに、今季の勢いに乗れない戦いぶりが表れていたように思う。
7回と8回に登板の九里が、苦労しながらも無失点で抑えただけに、余計にそう思うのだろう。

最終回に登板のヒースは、前回登板で會澤とのバッテリーで初めて無安打に抑えた。
それ以来のピッチングで、楽な場面での登板で、しっかり抑えて次につなげて欲しいところだったが、被安打2でピンチを招き、コントロールも乱し、決して安心して見ていられる内容ではなかった。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター