デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2015公式戦 > 【カープ情報】2015.04.22 広島対巨人 公式戦5回戦 スミ1返し
スポンサードリンク

【カープ情報】2015.04.22 広島対巨人 公式戦5回戦 スミ1返し

2015年4月22日に行われた、広島対巨人の公式戦5回戦の試合結果

広島 000 000 000|0
巨人 100 000 00×|1

勝 菅野 3勝2敗
負 前田健 1勝2敗
S 澤村 2勝1敗6S

【本塁打】なし

4月9日の再戦となる前田健対菅野。
前回でも述べたように、過去に菅野と投げ合って勝ったのは前田健のみということで、菅野相手でも勝つチャンスのある唯一の試合と言える。

菅野キラーの安部がスタメン復帰したのは当然としても、最近は1番で復調しつつある丸を3番に戻し、絶不調にも見えるロサリオを6番でスタメン起用している点は気になる。

また、田中、會澤という7番8番であれば下位打線でも怖さがあるが、7番田中8番石原となると、好調の田中が孤立するという不安もある。
個人的には、
18丸 24菊池 36田中 43新井 59シアーホルツ 65安部 77野間 82石原(打順守備名前)
というのも面白そうだと思える。

それはさておき、どうも地方球場での戦いぶりはチグハグに映る。
今季の7勝のうち、マツダスタジアムで6勝しており、ビジター球場では1勝9敗と良いところがなく、何かしらのミスや負ける要素が絡んでくる。

初回失点、エラー、走塁死など、ミスや流れを手放すプレーが多くなっており、この試合でもそれは継続されてしまった。

先頭打者にヒットを許すと、安部のタイムリーエラーに近いヒットで、何ともあっけなく先制点を奪われ、反撃に転じようかというタイミングで走塁死。
それ以降もエラーでピンチを招くという負の連鎖が出てしまった。

巨人側にも走塁ミス、エラーが出たことで、形としては接戦になったが、前田健対菅野の第2ラウンドは、スミ1返しでの敗戦となった。

カープ側の唯一といっていいチャンスは、8回のノーアウト三塁の場面。
小窪のセーフティスクイズ失敗は、巨人側の読みもあったのではないかと思う。
ランナーがスタートを切る普通のスクイズであれば、打球の転がる方向は極端に言えばどこでもいい。
ただしセーフティスクイズは、三塁ランナーが打球を見極めやすい一塁側へ行ってくる。
昨シーズンから良く見られている、カープのセーフティスクイズは、覚えている範囲では全て一塁方向へ転がしていると記憶している。
カープは普通のスクイズはないと読んで、インコースで様子を見てきたというのは考え過ぎだろうか。

2アウトからの安部のショートライナーは良い当たりだったが、相手から貰ったチャンスを活かせないというのは、敗戦のパターンの一つでもある。
いずれにしても、3安打では点が入らない雰囲気になってしまうのも仕方がない。

ただ、今日は特別で、ロサリオはこれまで振り回して三振していたようなボールに軽く合わせてヒットが出たし、再びホームに戻る土曜日からの2試合では、また別のチームのような打撃を見せてくれるのではないかと思う。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター