デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2015公式戦 > 【カープ情報】2015.04.19 広島対中日 公式戦6回戦 野間プロ入り初本塁打、鈴木誠とのアベックアーチで完勝
スポンサードリンク

【カープ情報】2015.04.19 広島対中日 公式戦6回戦 野間プロ入り初本塁打、鈴木誠とのアベックアーチで完勝

2015年4月19日に行われた、広島対中日の公式戦6回戦の試合結果

中日 000 000 000|0
広島 010 001 03×|5

勝 ジョンソン 2勝1敗
負 バルデス 0勝1敗
S -

【本塁打】野間1号、鈴木誠1号

今日の打線のポイントは、田中が好調なことと、4番新井に元気があること、そして新戦力のシアーホルツが緊急昇格により、さっそくスタメン起用されたことだろうか。
そのシアーホルツの試合前の守備練習の動きを見てみたが、捕球体勢は普通、脚の運びも普通、肩も普通、捕球してから送球までのモーションが大きいのが気になるが、実際の守備でどうなるかといったところ。

相手はこれまで好投を続けながら、未だ勝利のないバルデスということで、初勝利献上という嫌なタイミングと感じてしまう。
ただし、130球前後の球数を放りながら、中5日、中4日という間隔での先発となり、さらに初めて投げる球場で雨模様という状況で、開幕1ヶ月後での気疲れもありはしないだろうかと、僅かな希望を探ってみる。

そのバルデスは、キャッチボールの延長のような投球練習で、この辺りが中5日、中4日での登板をこなせる要因なのかもしれない。
ただ、2回にカープがチャンスをつかむ。
新井の四球、昨日はブレーキとなってしまった梵がレフト前ヒットで1アウト1、3塁の場面で、ここ最近もっとも当っている田中が打席に向かう。
球場の雰囲気は、田中ならば期待できる、という感じだったが、あっさり初球でスクイズ成功。
これは完全に意表を突いた形となった。

まずは雨の心配のある試合で先制する良い流れとなったが、今日のジョンソンは3ボールにするケースが多く、今までのピッチングと比べるとコントロールに苦しんでいるなという印象。
ただ、要所で併殺を奪い、好守もあって得点を許さない。

6回裏に雨脚が強まり、代打小窪の打席でカウント2-0から中断となるも、1点をリードしての中断というのは、ここまで精神的に余裕のあるものなのかと実感した。
また、小窪にボール2つとなった場面では、バルデスは何度も足下を気にする様子を見せており、今日ばかりは天候がカープに味方した。

楽なカウントから試合再開となり、必ずストライクを取りにくると読み切っての小窪のタイムリーは、ようやく代打の切り札が帰ってきたなと思わせた。

また小窪は、不振のロサリオの代打として登場しており、小窪がタイムリーという結果を出し、ベンチに戻ってくる際には、ロサリオがベンチを飛び出して祝福していた。
ロサリオは、ベンチに退いた後も何度となく他の選手に声を掛けに行っており、こういう姿勢は好感が持てる。

ジョンソンが要所を締めて、8回を投げ無失点という投球を見せたことで、楽な気持ちで8回裏の攻撃を迎えることができ、また中日側も金子、浜田智というルーキーピッチャーを投入しているように、当然勝ちパターンの投手リレーではない。

浜田智の変則投球フォームに若干タイミングをずらされそうになった野間だったが、インコースを振り抜くと弾丸ライナーで、プロ入り初本塁打をライトスタンドに叩き込んだ。
ライト線を破るかと思って見ていたが、打球の勢いは落ちることはなく、良く伸びていった。

さらには鈴木誠にも左中間スタンドへ今季第1号本塁打が飛び出し、これもプレッシャーのかからない場面で振り抜くと、ここまで伸びるのかというくらい打球が伸びて行ったように見えた。

これで完全に楽な展開になり、今村にも今季初登板の機会が巡ってきて、再び強まった雨脚の影響でマウンドを気にするシーンもあったが、完封リレーで締めくくった。
今村は最速145キロというボールがあったものの、ほとんどが140キロ未満という球速だったが、勢いは球速以上にあったように感じられた。

今日の試合では、今季初というのが多くみられた試合となり、見どころ満載のナイスゲームと言っていいのではないだろうか。

最後に、シアーホルツについては、守備機会が1度もなく、打球にかかわったのもライトへのファールボールを追いかけたのがあったのみ。
守備については、評価は持ち越し。
打撃については、早めのカウントから仕掛けていくという前評判通りの内容を見せてくれたが、左腕バルデスの外の変化球にも、思ったよりついて行けていた。
菊池がランナーに出たケースで、空振りが少ないのであれば、エンドランの成功率にもかかわってくるだけに、2番菊池、3番シアーホルツという打順は面白いかもしれない。







関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター