デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2015公式戦 > 【カープ情報】2015.04.15 広島対ヤクルト 公式戦4回戦 今日ばかりは前田健に同情する
スポンサードリンク

【カープ情報】2015.04.15 広島対ヤクルト 公式戦4回戦 今日ばかりは前田健に同情する

2015年4月15日に行われた、広島対ヤクルトの公式戦4回戦の試合結果

広  島 000 000 000|0
ヤクルト 100 000 00×|1

勝 石山 1勝1敗
負 前田健 1勝1敗
S バーネット 1勝0敗5S

【本塁打】なし

2回で中止となった昨日、大瀬良は良い投球内容を見せており、次回登板こそ初勝利の期待がかかる。
さて、今日先発の前田健は前回登板で初勝利を挙げたが、今週はヤクルト、中日というAクラスのチームとの対戦になる。
当然、勝ち越しを狙っていかないと上位浮上とはいかず、仕切り直しの一戦で、チームに勢いをもたらすピッチングを期待したい。

まず、打線の方では右投手の石山が相手となるが、流石にファースト松山というのは選択できない。
もちろん、理由はそれだけでないと思うが、新井が6番でスタメンとなっている。
ただ、最近の打撃の調子からは田中が孤立する打順となっているのが気掛かり。

そして前田健の立ち上がりは、先頭の山田にストレートの四球を与えるなど、制球がいま一つ。
アウトになった打球も鋭い当たりが多く、結果的によく1点で済んだなという内容。
この先どうなることかと心配したが、2回の大引の打席あたりから立ち直った。

あれだけ初回に苦労していたコントロールも、3回以降は全く心配いらなくなり、一気にペースアップしてきた。

前田健が立ち直り、あとは打線が石山攻略に集中できる状況が出来上がった。
しかし5回まで毎回ランナーを出すが、全て2アウトからの出塁で、なかなか繋がらない。

こうなった場合、試合途中からでも代打などで攻めのリズムを作っていきたいところ。
ただ、守備面で石原は変えることができず、前田健の復調で8番、9番に代打を送りにくい状況。
動くに動けず、策もなく、はっきり言ってしまえば3連打で1点取れるかどうか、という極めて可能性の低い偶然を待っているだけにさえ見える。

8回にこの試合初めて先頭打者で出塁するも、今日のロサリオは打者有利のカウントで打ちにいって、実際甘いボールだったにもかかわらずミスショットの連発。
そして特に仕掛けることなく松山が併殺打で、やはり策がなかった。

来週から合流予定のシアーホルツが打てるかどうかはともかく、それまではこういった身動きの取れない打線を見ることになるのだろうか。
上位チームを叩いていきたい初戦で見せられたのは、あと一本が出るか出ないかという打撃の差だった。

せめてマツダスタジアムでの中日との三連戦では、活き活きとしたプレーが見られることを望む。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター