デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2015公式戦 > 【カープ情報】2015.04.11 広島対阪神 公式戦1回戦 黒田3試合連続QSで2勝目、40歳にして150キロ超連発
スポンサードリンク

【カープ情報】2015.04.11 広島対阪神 公式戦1回戦 黒田3試合連続QSで2勝目、40歳にして150キロ超連発

2015年4月11日に行われた、広島対阪神の公式戦1回戦の試合結果

広島 010 004 200|7
阪神 010 001 000|2

勝 黒田 2勝1敗
負 メッセンジャー 1勝1敗
S -

【本塁打】福留3号

黒田対メッセンジャーという顔合わせで、大方の予想はロースコアの試合展開というものだろう。
甲子園でのメッセンジャーとの対戦というのは、どうしても終盤まで無得点、8回に手痛い失点をして、9回のみの反撃で追い付けずという、嫌な思い出が頭を過る。

そういう展開にさせないためには、序盤からリードを奪って黒田に楽に投げてもらう、というのが理想的ではある。
ただ、近年ではチーム打率が2割ほどということで、ヒットがなかなか打てておらず、チャンすらなかなか作れない試合が多かった。
立ち上がりも不安定さが見られず、なかなか攻略に骨が折れそうな試合となりそう。

対する黒田の立ち上がりは、先頭の鳥谷にヒットを打たれ、2番の俊介に送りバントを決められたことで、西岡と無理に勝負せず、ゴメスでゲッツーを狙いに行くという、プラン通りのピッチングで無失点で切り抜けた。

この黒田のピッチングで、安心して攻撃に専念できるという意識が働いたのか、2回には四球2つとヒットで満塁のチャンスを作り、2試合連続スタメンの安部のタイムリーで先制する。
先頭打者として四球を選んだ松山は、早打ち凡打ではなく粘りの姿勢を見せたのは、前回の試合の反省が見られたのだろうか。
ただ、各駅停車の松山がランナーとして出たことで、スコアリングポジションからヒット一本でホームに帰ってこられないのは、なかなか解消されないカープの課題の一つだろう。

先制点を奪った直後の2回裏に、黒田、カープともに相性の悪い福留に、同点本塁打を浴びてしまう。
おそらくフロントドアだろうと思うが、甲子園、先発メッセンジャー、福留というキーワードを十分に頭に入れておけば、もう少し無難に打ち取るボールを選択しても良さそうなもの。
今季から日本に復帰した黒田はこういった先入観がないため、仕方がないとしても、會澤には福留に本塁打を献上し続ける状況を変えていってもらいたかった。

とは言っても、まだ同点に追い付かれただけ。
メッセンジャーは、2回で55球と球数が多くなっており、一汗かき終わると一気にペースアップしてくる。

こうなると先制ムードも一変、膠着ムードに変わってくる。
メッセンジャーは調子を上げてくる一方で、黒田は序盤から大きな変化はない。
ただ、4回のピンチでは150キロ超を連発し、これはメジャー仕込みというより、どちらかと言えばかつての黒田の姿に見える。

両投手ともに球数が嵩んできており、7回あたりからは継投策も考えられる展開となってくる。
そしてメッセンジャーの球数が100球を超えてくる6回、ロサリオ、松山、新井の連続ヒットで1点勝ち越しに成功する。
ここでは、ロサリオが松山のライト間ヒットで一気に三塁を陥れる好走塁が活きた。
松山もエンドランがファールになって粘っている間に、最後に甘い球が来て、それを仕留めた形。
新井は、ノーアウト1、3塁でほぼど真ん中のボールを初球から叩いてレフトオーバーのタイムリーツーベースとなった。

このイニングは、ほとんどの打者がストレート、変化球を問わず空振りをしなくなり、おそらく継投策まであと1イニングという阪神ベンチの間隙を突き、新井のタイムリーの後も攻撃の手を緩めず、會澤の死球を挟んで6連打で一挙4点。

この連打の中には黒田のタイムリーも含まれており、こういう点の取り方の試合では、本来であればまず勝利は間違いない展開なのだが、残念なことに、1アウト満塁の場面、丸のセンターフライでセカンドランナー梵がタッチアップで三塁を狙ったが、三塁ランナーの黒田はスタートを切っておらず、梵が二三塁間で挟まれてしまう。

黒田がランナーである以上、やや浅めのフライでスタートを切れないことは想定していないといけない。
また、他に考えられるのは黒田が本塁に向かっているとして、おとり役となるつもりだった可能性だが、サードランナーがピッチャーの場合では、やはり考えにくい。

4点をリードしたとは言え、ミスで得点機を逃しただけに、直後のイニングではしっかり抑えて流れを渡さないプレーが必要だったが、さすがに黒田にもメッセンジャーと同じく100球を超えるイニングで疲れが見えた。

ただ最後の力を振り絞り、反撃を1点で抑えたことで勝利の可能性が大きく高まった。

黒田の後を受けた、永川、一岡がともに四球のランナーを出してしまったのは、現状の調子からすれば仕方のないピッチングかもしれない。
9回のザガースキーはヒットのランナーを出したが無失点で切り抜けた。

今日登板の3人のリリーフ投手は、こういった展開で簡単に3人で抑えられるようになれば調子が上がってきた証拠になるだろう。

終わってみれば、両先発投手の球数というのが勝負の分かれ目となったような試合だった。
100球を超えたあたりで空振りが取れなくなったメッセンジャーが打ち取る術を失ったのに対し、捉えられてもゴロを打たせるピッチングを貫ぬいたことで大きなピンチを招かなかった黒田。

黒田が投げて、新井が打つ、こういう勝ち方は記憶に残る。

ミスを打ってカバー出来たというのは、開幕からあまり見られなかった形で、ようやく田中に当たりが出てきたことで、下位打線の厚みが出てきた。
安部もようやく巡ってきたチャンスで結果を残し、明日も対藤浪ということでスタメンのチャンスがありそう。
明日の試合が、安部にとって大きな意味を持ち試合になりそう。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター