デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2015公式戦 > 【カープ情報】2015.04.07 広島対巨人 公式戦1回戦 再び拙守での敗戦、チーム戦術にも再考の余地あり
スポンサードリンク

【カープ情報】2015.04.07 広島対巨人 公式戦1回戦 再び拙守での敗戦、チーム戦術にも再考の余地あり

2015年4月7日に行われた、広島対巨人の公式戦1回戦の試合結果

巨人 000 000 001 01|2
広島 100 000 000 00|1

勝 澤村 1勝0敗1S
負 一岡 0勝3敗
S 戸根 0勝0敗1S

【本塁打】なし

6連敗中のカープは、その連敗の始まりとなった大瀬良が中6日で先発。
これからの先発ローテーションは中6日が基本線となり、同じ投手が同じ曜日に登板してくることになる。
勢いを付けたい先陣を切る役割というのは非常に大事。

確かに連敗の始まりは大瀬良の登板日からだが、実際はエラーが連敗のきっかけとなっている。

まずはしっかりと守りを固めてからとなる。

そのスタメンは、個人的な予想は大きく外れ、菊池をトップバッターに起用してきた。
また、大瀬良とバッテリーを組むのは、これまでと同様となる會澤。
こうなれば、球数の多さはある程度予想がつくところではあるが、今日のカープは全体的に一つ一つのプレーに対する集中力が高まっている。

決してリズムの良いピッチングではないが、野手の気の抜けたようなプレーは皆無。
初心に立ち戻り、守り勝つ野球を心掛けているよう。

ロサリオも対杉内の相性の良さをいきなり発揮して、初回にタイムリーで先制する良い流れ。

大瀬良も、中盤からペースアップしてきたものの、6回で120球近くのボールを放っており、あとはいつ継投策に入るかといった展開。
7回まで無失点で、一岡、ヒースで逃げ切るのかと思いきや、8回、そして9回まで続投。
ただ、完投するにしては明らかに球数は多い。

その9回には、天谷が目測を誤って先頭打者をセカンドまで進めてしまったことに起因して同点に追い付かれてしまい、結果論で言えば、継投しておけばというところだろうが、前回登板でリリーフに迷惑をかけたという思いから、大瀬良の志願の続投だった可能性もある。

日曜日の試合に引き続き、終盤までリードしていながら追い付かれ、結局は延長戦に突入。

10回に登板のヒースは、開幕以降ストレートを狙い打たれている傾向があり、最近はナックルカーブの割合を増やしてきている。
ただ、今日の試合ではそのナックルカーブが真ん中付近に集まり、片岡にはツーベース、坂本にはセンター前ヒットを打たれてしまった。
1アウト1、3塁というピンチで阿部を迎えることになり、どう考えてもストレート中心に切り替えるしかなくなっている。

ストレートのみに絞れれば、阿部の方が有利な立場にありそうなものだが、會澤の偽投に引っ掛かり、巨人側に走塁ミスが出て流れを切ってくれた。
もちろん、これは先週の試合において、ダブルスチールで村田が本塁を陥れたという伏線があってのプレー。

この機に乗じたいカープではあるが、ロサリオも新井もベンチに下げてしまっている打線で得点を奪える雰囲気もなく、またもや延長12回で引き分けを狙うしかなくなってきた。

そんなネガティブな状況で、思い通りに引き分けを狙わせてくれるほど、野球は甘くない。
11回に登板した一岡が、四球、盗塁、田中のタイムリーエラーで、あれだけ避けなければいけなかった守備のミスで勝ち越し点を与えてしまった。

気になったのは、盗塁を決められた場面。
最初から送りバントの構えをしていることで、バントと決めつけて、一塁へ牽制を入れず、盗塁を無警戒だった隙を突かれて盗塁を決められた。
寺内の走力および鈴木尚の打力であればヒッティングはないだろうと、相手の力量を軽視しているかのような隙の見せ方は、バッテリーもそうだがベンチにも隙があるように見えてしまう。

そもそもは、8回裏の攻撃で新井に代走野間を送り、その野間に代えて一塁に木村を入れた。
そしてロサリオに代わって守備固めの天谷を起用している。
そのまま野間をレフトに起用し、ロサリオに代わって木村を一塁に入れておけば、という思いもあるが、連敗中でなければ田中も無理に三塁に送球しなかったかもしれないし、もう少し余裕をもったプレーが出来ていたと思う。
何をやっても上手くいかない、というのはこういう状態を言うのだろう。

最後はルーキー戸根にプロ入り初セーブまでプレゼントしてしまい、7連敗となってしまった。
ただ、お互いに良い内容の試合はしていないなという印象は残った。

新打線も機能したとは言い難く、さらに明日も打順を組み替えてくるのか、それとも辛抱するのかに注目したい。
一岡については、チームに不可欠な存在に変わりなく、現状でも投げているボールの質はチーム屈指ではあるが、3敗目を喫したこともあり、精神的なリフレッシュをさせる方が本人のためかもしれない。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日予想
2017年セ・リーグ
優勝決定日予想

9月18日・・・25%
9月17日・・・25%
9月16日・・・20%
9月21日・・・15%
9月14日・・・5%
9月22日・・・3%
9月13日・・・2%
その他・・・5%

2017年8月23日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター