デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2015 > 【カープ情報】6連敗後に迎える巨人、阪神との6連戦 
スポンサードリンク

【カープ情報】6連敗後に迎える巨人、阪神との6連戦 

6連敗という結果が示す通り、チーム状態は良いとは言えない状況。

そんな中、今週は巨人、阪神との6試合となり、普通にAクラスを目指すだけであれば、状況を立て直すという意味も含め、3勝3敗でいければ問題ないと思う。
ただ、優勝を目指すのであれば、最低でも4勝2敗以上を狙っていかないと、上位浮上すら難しい状況にある。
(仮に2勝4敗、1勝5敗という成績に終わったとしても、次に繋がる内容が見られれば、まだまだ諦めることもない)

巨人、阪神ともカープより上位にいるので、あまり偉そうなことは言えないが、打撃面は決して調子がいいという状況ではないように思う。
前田健、ジョンソン、黒田が大量失点するというイメージは描きにくく、先発6人制で臨む以上、7回まで投げ切ってもらって一岡、ヒースを1イニング限定でつぎ込める展開に持ち込みたい。

そういうプランを実現させるためには、初戦に先発する大瀬良のピッチングが非常に重要。
打てないチーム状況で會澤を外すのは勇気がいるが、球数の多くなるタイプだけに、石原とのバッテリーで少しでもリズムを上げていきたい。

打線の方では、巨人キラーのロサリオが復帰したのは大きい。
特に今日先発の杉内はサイクル安打を達成した試合の先発投手で、昨季は8打数5安打、3本塁打という成績を残している。
もっとも、ここまで書いてしまうと、フラグともなりかねないが。

ここで今日のスタメン予想をしてみようと思う。
1 5 堂林
2 4 菊池
3 8 丸
4 7 ロサリオ
5 3 新井
6 6 梵
7 9 鈴木誠
8 2 石原
ポジションの違いと、新井とキラが入れ替わっただけで、昨シーズン後半のエルドレッド、會澤不在時のスタメンに近い顔ぶれとなってしまった。

シャーホルツが来日すれば、当初は5番あたりでのスタメンになるだろうから、その時は、
1 5 堂林
2 4 菊池
3 8 丸
4 7 ロサリオ
5 9 シャーホルツ
6 3 新井
7 6 梵
8 2 會澤
という感じになるだろうか。
これでれば打線の重厚感が少しは増して見える。

いずれにしても、外国人野手2人体制でないと、得点力が低下するというのはオープン戦、開幕からのここまでの戦いぶりから見ても明らか。
外野手が2人という状況では、鈴木誠、野間というライトのポジションを掴み切れなかった2人は代打、守備からの出場になってくるのだろう。
その間にどちらかが調子を上げてくれば、グスマンが復帰して内野と外野が1人ずつというオプションも出来る。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター