デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2015公式戦 > 【カープ情報】2015.04.05 広島対中日 公式戦3回戦 一岡の苦しそうな表情が今週のリリーフ陣の象徴
スポンサードリンク

【カープ情報】2015.04.05 広島対中日 公式戦3回戦 一岡の苦しそうな表情が今週のリリーフ陣の象徴

2015年4月5日に行われた、広島対中日の公式戦3回戦の試合結果

広島 000 040 000 000|4
中日 200 000 100 001|5

勝 高橋聡 1勝0敗
負 一岡 0勝2敗
S -

【本塁打】なし

グスマンが負傷で一軍登録を外れ、昨日ファームで2安打のロサリオが昇格。
また、9試合目で5人目のサードスタメンとなる堂林も一軍登録されてきた。

何をやってもうまくいかない悪循環の中、やはりスタメンを代えることになった。

また今季初先発となる福井は、初回から大ピンチを背負う。
打ちとった当たりが内野安打になるという流れの悪さもあったが、ノーアウト満塁というのは、初回から大量失点を覚悟しないといけない。
逆に福井とすれば、1点を失うのは諦めて、一つずつアウトを積み重ねるしかなくなった。
結果的に2アウトからタイムリーを打たれ2点を失うものの、最悪の展開になることだけは防ぐことが出来たと言える。

2回以降もピンチは続き、6イニング中4イニングで得点圏にランナーを背負う苦しい流れの中、初回の2失点のみで粘れたのは、延長戦が続いていた現在のチーム事情からすれば、最低限の仕事は果たせたことになるだろう。

打線では、5回に3連打で2点を奪い同点に追い付き、さらにエラーも絡んで一気に逆転まで持っていった。
この3連打というのは、開幕してから3回目となるが、これまでは3連打でも得点を挙げられていなかった。
ようやく3連打で得点を入れることが出来たということは、どれだけ効率の悪い攻めをしていたかということ。

普通にヒットで得点が入るようになれば、少し余裕も取り戻せるだろう。

また、ロサリオにも復帰初戦でツーベースが出て、打撃そのものは不振という感じを受けなかった。
ただそのツーベースでセカンドに滑り込んだ際、脚を痛めたようなそぶりを見せたのは気掛かり。
代走を出された際に、ベンチに帰る様子を見る限り、かばいながら走っているようには見えなかったので、とりあえずは大したことはないと思いたい。

右肘を痛めて、代打での出場に限定されていた新井も、この試合から守備にも就いた。
グスマンの登録抹消で、三塁に続いて、一塁のポジションも本命不在という状況になっており、新井、松山、岩本という3選手でポジション争いが始まることになる。
ただ、3日の試合に続いて満塁のチャンスで凡退の岩本は、相性を見ながらの起用に限られるかもしれない。

そして、1点リードの8回にマウンドに上がったのは中崎。
本来であれば、セットアッパーである一岡の出番となるはずなのだが、やはり3日の試合でサヨナラ安打を浴びたように、状態が万全とは言い難いのだろう。
逆に中崎は、オープン戦序盤から調子の上昇具合が緩やかで、開幕戦でも失点してしまっている。
継投ミスという話ではなく、投げられる投手がいないということなのだろう。

9回からヒースが2イニング、一岡が2イニングを抑えにかかる。
しかし、ヒースはランナーを出すまでは、ナックルカーブが良いコースに決まり、ストレートは威力もあり、まずまずのピッチングを見せた。
ただ、逆球が増えてきたなと思った直後にヒットでランナーを許すと、途端に不安定になり、好返球により事なきを得たが、あわやサヨナラタイムリーとなるセンター前ヒットを打たれるなど、本調子まではあと一歩という印象。

一岡は1イニング目は文句なしのピッチングだったが、2イニング目を抑えきるにはやはり本調子ではないのか、小笠原にサヨナラタイムリーを浴びてしまうが、それ以前に全般的に制球を乱す場面が多くなってしまった。
肩のスタミナのこともあり、2イニング目は自信を持って投げられていないのは一目瞭然。
何より、昨シーズン、あれだけ楽しそうに投球していた投手が、実に苦しそうに投球している姿を見るのは、見ていて非常につらいものがある。
一岡には1イニング限定で投げてもらう以外、選択肢がないように思う。

過去、ナゴヤドームを苦手にしていた時期があり、ようやくその苦手意識を払拭しつつあったが、逆行してはいけない。

勝てるチャンスがありながら、リリーフが総崩れで、セットアッパー、クローザーともに打たれてしまい、どこに連敗脱出のきっかけを求めていいのか分からない、という状態は2011年の5月~6月の10連敗の雰囲気に近いものがある。

あまりに取っ替え引っ替えで、どこに立ち戻ればいいのか見失いつつあるようにさえ見える。
ただ、ヒース、一岡ともに1イニング目は問題なく抑えている。
今週は延長戦が多く、また大瀬良、野村が早い回でマウンドを降りたことで、リリーフを使い過ぎたことの影響が大きかった。
先発ローテが6人そろって中6日で、万全の状態で来週を迎えることになるが、本来の先発陣のパフォーマンスを発揮できる状態が出来上がる。
さらに迷走することなく、どっしりと構えて、結果は気にせず1週間自信を持って戦ってくれることを期待したい。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター