デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2015公式戦 > 【カープ情報】2015.04.01 広島対DeNA 公式戦2回戦 2日続けて同じ失敗、3度目があっても跳ね返せ
スポンサードリンク

【カープ情報】2015.04.01 広島対DeNA 公式戦2回戦 2日続けて同じ失敗、3度目があっても跳ね返せ

2015年4月1日に行われた、広島対DeNAの公式戦2回戦の試合結果

広 島 000 000 103|4
DeNA 002 030 20×|7

勝 モスコーソ 1勝0敗
負 野村 0勝1敗
S -

【本塁打】ロペス2号

先発の野村の一軍登録に伴って、美間が登録抹消となった。
おそらく初めから決まっていたこととは思うが、その間にスタメン出場も経験したことでもあるし、しっかりと成長して、また一軍登録される日を楽しみにしたい。

また、直接カープとは関係ないが、ミレッジが右肩の違和感で登録抹消となった。
故障した選手には申し訳ないが、開幕戦でミレッジの肩の状態を見越して、菊池のレフト前タイムリーで、木村が本塁突入したのは理由があったということの裏付けとなる。

さて、カープ先発の野村は、対DeNAの相性は悪くないが、逆にカープ打線の対モスコーソとの相性も良いとは言えない。
石原とのバッテリーで臨む以上、少ない得点を守り勝つプランを描いていたのではないだろうか。

また、昨日ノーヒットの野間、開幕からノーヒットの田中、守備で手痛いミスをした木村の3人の左打者をスタメン起用しているが、これは走力で点を奪いに行くという意図もありそう。

立ち上がりは野村がリズム、モスコーソがコントロールにやや問題あり、という感じの投球となっていたが、ボール自体は両投手とも悪くない。
3回に野村が2点を失うが、決して野村の調子が悪いわけではなく、やはりDeNA打線は振れている。

リードされた展開で雨脚が強まってくると、早く追いつかないと、という意識が強くなり、ただでさえ得点の入らないカープ打線は追い詰められたような状態になってくる。
重苦しい雰囲気に追い打ちをかけるように、5回裏に筒香の犠牲フライ、ロペスのツーランで追加点を奪われる。

たった5試合目でこういうのもどうかと思うが、先制されると負け確定、という過年度によく聞かれたフレーズが頭を過る。
終盤にはイレギュラーしたとは言え田中のエラーに、木村の2試合連続エラーも出てしまい、あまり見所がない試合と言って差し支えないだろう。

開幕から当たりの出ない打者を続けて起用するのではなく、同じポジションのライバルを交代で出場させ、何とか一人でも調子を上向かせようという、ベンチの意図は感じる。
ただ、代わって出てくる選手が揃って、調子の上がってくる様子を見せないという悪循環となっている。

今は我慢する時期で、開幕前から公言していた、多くの選手を早めに一度でも起用するというのは、ほぼ達成できた。
最終回に田中に初ヒットが出たし、鈴木誠もようやく打撃の形が良くなってきた。
明日の先発は前田健ということで、開幕オーダーの再現というのもありかと思う。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター