デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2015公式戦 > 【カープ情報】2015.03.29 広島対ヤクルト 公式戦3回戦 黒田日本復帰後初先発初勝利
スポンサードリンク

【カープ情報】2015.03.29 広島対ヤクルト 公式戦3回戦 黒田日本復帰後初先発初勝利

2015年3月29日に行われた、広島対ヤクルトの公式戦3回戦の試合結果

ヤクルト 000 000 010|1
広  島 000 010 10×|2

勝 黒田 1勝0敗
負 杉浦 0勝1敗
S ヒース 0勝0敗1S

【本塁打】なし

今日は何と言っても大注目の黒田の日本復帰登板に尽きる。
待球作戦で、球数を多く放らせるというヤクルト側の作戦も伝わっていたが、昨日のジョンソンが質の良いボールでストライク先行で1安打に抑えており、同じように待っていると策に溺れるということにもなりかねない。
こうなると、ヤクルト打線は混乱してくるだろう。

黒田にはその隙を突くピッチングを期待したいところで、オープン戦よりは、やや慎重なピッチングかなという印象は受けたが、1回は無難に抑えた。

一方で、プロ入り初先発の野間がいきなりツーベースでチャンスメイク。
追い込まれてから、杉浦の決め球のフォークを拾ってのバッティングで、巧さを見せた。
そして菊池が送るという手堅い作戦だったが、黒田に先制点をプレゼントすることは出来なかった。

また、ヤクルト打線も、オープン戦で一度対戦しているだけに、対策もしっかりとしてきたのだろう。
たまに甘く入るボールをしっかりと捉え、3イニング連続でヒットのランナーを出している。
逆に、コントロールに自信のある黒田がボール先行になるケースも多く見られ、はっきりとしたボールもあり、調子自体は良くないのかもしれない。

カープ、ヤクルトともに3回まで毎回安打で、特にカープは3イニング連続得点圏にランナーを進めながらの無得点。
もし先制出来れば、今日の球場の雰囲気がカープを後押しする。
それだけに早めに点を取りたいところではあるが、試合は膠着状態へ。

そして、5回裏にようやく梵のタイムリーで先制する。
3度目の正直ならぬ5度目の正直というべきか、実に5イニング連続で得点圏にランナーを進めた後の得点となった。
グスマンが2アウト、しかもカウント0-2から四球を選んだことが起点となっており、繋ぎの意識でもぎ取った1点だったように思う。

7回にグスマンのフェンス直撃のタイムリーツーベースで追加点を奪うが、走塁ミスでセカンドタッチアウトとなるのはもったいなかった。

何はともあれ、追加点を奪っての8回表にはセットアッパーの一岡が登板。
ただ、初登板の力みもあってか、コントロールミスが多かった印象。
ランナーを貯めてのビッグイニングというのは避けており、次回には修正してくれるだろう。

9回裏に登板のヒースは、オープン戦でサヨナラ負けを喫したのと同じシチュエーションとなる、打ち取った当たりの内野安打で先頭打者を出塁させてしまう。
しかし、あの敗戦が今日の糧となった。
牽制悪送球もあり、決して安心して見ていられる内容ではなかったが、ヒース自らセーフティスクイズの本塁封殺で得点を許さず、執念で抑えきった。

先発の黒田が7回を投げ、8回一岡、9回ヒースで逃げ切るというのは、先発6人制を敷く今季のカープにとって、もっとも望ましい継投の一つ。
これが、最初の機会で躓かなかった、というのが大きい。

ただ今日の試合については、黒田、カープ復帰初先発、即初勝利おめでとう。









関連記事
スポンサーサイト
こんにちは!

黒田の復帰後初登板ということで、カープファンもいつもとは少し違う感じで試合を見ていた感じがしました。
確かに途中でボール先行になったりと、絶好調というわけではなさそうでしたが、ここぞという時のコントロールにはしびれました!むしろ黒田と組んだ會澤のほうが大変そうでしたね、リードが(笑)

ヤクルト三連戦は打線がひたすら湿っていましたし、黒田は援護が無くて敗戦投手になってしまうことがカープ時代、メジャーを通じても多いイメージがあったので心配していたのですが、2点取ってくれてほっとしました。もう少し頑張れよという気持もありますが。

オープン戦からヒースがやや心配ではあるのですが、なんとかなりそうで良かったです。接戦がものに出来るチームこそ本当に強いチームだと思っているのでこの調子で勝ちを積み重ねていってほしいです!
[ 2015/03/31 17:00 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ひらいそ様、お久しぶりです。
ヒースの心配点は、ボール自体は素晴らしいのですが、黒田のツーシームと比較すれば、ボールの軌道がきれいすぎることでしょう。
今のことろ、アウトローのストレート中心の配球で、ちょっと狙われてるのかなという印象です。

ない方がいいのですが、リリーフ失敗後にパターンを変えてくるのではないかと思います。
[ 2015/03/31 17:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター