デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2015公式戦 > 【カープ情報】2015.03.28 広島対ヤクルト 公式戦2回戦 ジョンソン準パーフェクト完封勝利デビュー
スポンサードリンク

【カープ情報】2015.03.28 広島対ヤクルト 公式戦2回戦 ジョンソン準パーフェクト完封勝利デビュー

015年3月28日に行われた、広島対ヤクルトの公式戦2回戦の試合結果

ヤクルト 000 000 000|0
広  島 001 000 00×|1

勝 ジョンソン 1勝0敗
負 石川 0勝1敗
S -

【本塁打】菊池1号

開幕2戦目は、左腕技巧派対決となるジョンソンと石川の先発。
対石川では、四球も期待できず、自滅する投手でもないことから、自力で打って出る他に攻略の糸口はない。
こうなると、打撃の調子の上がっていないカープ打線は苦戦することが予想される。

そのカープのスタメンは、調子の上がってこない田中を早速ベンチスタートとし、美間をプロ入り初出場となるスタメンで起用してきた。
美間は初回にサードゴロを処理したことで、少しは緊張もほぐれてくるだろう。

ジョンソンは、わずか10球で3人を打ち取り、昨日とは違い、リズムの良い、良い立ち上がりとなった。
2回もスイスイと3人で打ち取ったが、2イニングで3個という奪三振数が気になる。
内野ゴロの山を築くのが調子のバロメータだけに、一発の落とし穴は要警戒といったところ。

それでも、一巡目はほとんどの打者に対して、2球で2ストライクを奪うというピッチングで、ボールが先行することすら滅多になく、非常に小気味がいい。

そして、今日はカープが先制する。
菊池が2015年のチーム1号本塁打を放ち、わずか1点でもリードできると、やはり雰囲気が良くなる。

ただ何度もチャンスを作りながら追加点が奪えないのは、石川が流石という面もあるが、得点圏にランナーを置いて打席に立った鈴木誠は、打ちたい気持ちが強すぎて、ボール球に手を出してしまっている。
それ以外にも、4打席中3打席でボール気味の球を打って凡退しており、早めにヒットが一本出れば気分も変わると思うので、じっくり余裕をもって打席に立ってもらいたい。

さて、ジョンソンは6回までパーフェクトピッチングを見せるが、7回にヒットが出て初めてのランナーを出してしまう。
すでに課題はクリアしているとは言え、セットポジションの投球となり、ストライク先行のピッチングとはいかなくなった。
だからと言って崩れるわけではなく、ようやく慎重なピッチングというものを見ることになっただけ。

7回で81球という球数では、もちろん8回からセットアッパーを投入しないといけないこともない。
8回からは必勝を期して、投手交代ではなく守備固めでサードに木村が入った。
オープン戦の終盤、ソフトバンク戦で守備固めを出さなかった試合で、ヒースがサヨナラ負けを喫したということがあり、ここはしっかりと手を打ってきた。

この守備固めも効果的で、終わってみればヒット一本以外はランナーを出すこともない準パーフェクト完封勝利。
さあ、明日は黒田の登板だ。







関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター