デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2015 > 【カープ情報】2015.03.21 広島対ソフトバンク オープン戦の結果
スポンサードリンク

【カープ情報】2015.03.21 広島対ソフトバンク オープン戦の結果

2015年3月21日に行われた、広島対ソフトバンクのオープン戦の試合結果

広島 000 100 010|2
SB  000 000 003|3

【本塁打】なし

前回登板では、セットポジションからの投球で制球を乱していたジョンソンだが、一応試合中には対応して見せた。
この試合では、修正以前に、全く心配いらない様子が見られるかに注目したい。

そのジョンソンは、巧く打者のタイミングを外し、芯で捉えさせず、弱い当たりの内野ゴロの山を築く。
3回にようやくランナーを出し、セットポジションでの投球になる。
ここで2球続けてストライクコースへ投げられているが、ボールは若干高めに入ったように見えた。
何とか内野ゴロで後続を断ったものの、4回5回のセットポジションの場面では、やはり制球を乱しかけた。
結果的には大事に至らず、自滅しなかったという点では、同じ失敗を繰り返さなかったとプラスに捉え、開幕前の最後の登板を締めくくれたと思う。

また、初めて打席に立つ姿を見たが、タイミングの取り方も悪くなく、構えも明らかに打てそうもないという雰囲気もない。

打線の方では、昨日とメンバーを代えてきた。
1番、5番、8番がそれぞれ野間、岩本、石原になっているが、そのうち岩本にタイムリーが飛び出した。
好調の時期が長続きしない、という面もあるが、現在のカープには長打力のある野手というのは必要。
本人の立場的にも、何とか一軍に喰らいついて欲しい。

また、この試合ではグスマンの打席で、菊池の盗塁死が2回あった。
先日もグスマンの打席で三振ゲッツーというのがあったが、今日の2回は2アウト一塁の場面で、状況は違う。
何とか得点圏に進めて、ヒット一本で得点を、という狙いには違いないが、それにしては追い込まれてからのスタートで、カウントが悪いように思う。

最終回には、ヒースとサファテの守護神対決も見られ、サファテが三者連続三振を奪ったのに対し、ヒースはバタバタしてしまった。
先頭打者の内野安打は仕方がないが、次打者への四球はもったいない。
2点差なので、ランナーを貯めないことが重要な場面だったが、揺さぶられてしまった。
実際にセーブのつく場面での登板は初めてということもあり、アウトの取り方を間違っただけ。

シーズンでは、アウトにできるかどうかはともかく、内野安打の打球を捌いた美間に守備固めが出されるだろうし、誤審で間が空いたのも、そう多くないケース。
ただ、結果として開幕直前に3点取られてサヨナラ負けというのは、抑え投手にとってはあまり良い傾向ではない。

ボール自体は問題なかったし、オープン戦で良かった、と切り替えてくれることを願うのみ。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター