デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2015 > 【カープ情報】2015.03.15 広島対オリックス オープン戦の結果
スポンサードリンク

【カープ情報】2015.03.15 広島対オリックス オープン戦の結果

2015年3月15日に行われた、広島対オリックスのオープン戦の試合結果

オリックス 000 200 000|2
広   島 207 000 00×|9

【本塁打】鈴木誠1号、菊池1号、丸1号、グスマン1号、ブランコ1号

テンポの良い黒田の立ち上がりもあってか、鈴木誠が初球先頭打者本塁打で先制。
菊池も続く2者連続本塁打という上々のスタートとなった試合は、カープ打線がようやく目覚めたといっていい展開となった。

グスマンもようやく引っ張っての力強い打球が飛び、これでまた一つ不安要素が解消された。

前日には、一軍と二軍の入れ替えがあり、今日のスタメンは一軍に生き残ったメンバーとなる。
というよりは、開幕スタメンが有力と思われるメンバーがほぼ揃った。
今日の打線の調子で不安がなくなったかと言われれば、そんな単純な話ではないとは思うが、少なくとも選手本人は不安を感じながら開幕を迎えるということはないと信じたい。

さて、投手の方では先発の黒田が、スライダーかカットボールが高めに浮いたところをブランコに本塁打を浴びたが、それ以外ではピンチを背負ってバタバタすることもなく、失点した後もピッチングは変わらず、自分のピッチングに何ら疑問を持っていないことが伺える。

2番手の九里、3番手の中崎は、ともにコントロールに苦しむ場面も見られたが、なんとか無失点で切り抜けた。
ただ、中崎のピッチングの方は、やや安定感に欠け、内容は良くなかったように感じる。
上昇ペースがスローで、後退だけは避けたいことろだけに、無失点で抑えられたのは良かったと言える。

4番手の一岡は、少し球数が多めではあったが、3者連続三振という文句なしのピッチングを見せてくれた。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター