デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2015 > 【カープ情報】グスマン内野手の打球方向
スポンサードリンク

【カープ情報】グスマン内野手の打球方向

2015年3月13日現在の、グスマンのオープン戦、練習試合通算の打撃成績は、25打数9安打、打率.360、打点0、本塁打0となっている。
ここで注目したいのは、その打球方向について。

まずはメジャーでの成績を見ていただくと、徐々にセンター方向、ライト方向へのヒットが少なくなっているのが分かる。
通年の打率は、2013年が.226、2014年が0.188と低くなっており、センターから右方向への打率の低さが影響しているだろう。(参考:ヘスス・グスマン内野手の成績

打球方向
年度打数安打打率本塁打打点打数安打打率本塁打打点打数安打打率本塁打打点
2009310.333001330.23100111.00000
201155240.436421118410.34711531120.38708
201255240.436517122350.28742134120.35307
201378310.397516104270.2604142770.25902
201439170.4361260130.217161410.07101
小計230970.42215564171190.2851056107330.308018


そこで、ここまでの対外試合(雨天中止となったKIA戦も含む)の成績を見てみると、ヒットコースがセンターから右方向へ集中していることが分かる。

打球方向その他
日時種別対戦相手打数安打打数安打打数安打打数安打
2月21日オープン巨人  11  20
2月22日練習ロッテ1011    
2月24日練習KIA11  11  
2月26日練習KIA11    10
2月28日練習日本ハム      00
3月6日練習中日  1120  
3月7日オープンヤクルト  10  20
3月8日オープンヤクルト10  1110
3月10日オープン阪神10    10
3月11日オープン阪神    21  
3月12日練習西武    31  
小計52439470


元々が広角に打てる打者なので、右方向への打球を意識して実戦に臨んでいると言えるのではないだろうか。

ただ、2月28日の試合で、左肘にデッドボールを受けて交代して以降は、左方向への打球が少なくなっているのが気になる。
ひょっとしたら、死球の影響で、引っ張りきれないという状況なのかもしれない。
状態が戻ってくるまでは無理していない、ということであれば、右方向へもヒットが打てているし、状態が上がってくれば引っ張りこめるようにもなってくるだろう。

となれば、開幕までに左方向へ強い打球が飛び始めるようだと、万全の状態に仕上がったというバロメータになりそう。

もっとも、死球が一つあるだけで、四球が0というのも気になるところではある。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター