デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2015 > 【カープ情報】2015.02.28 広島対日本ハム 練習試合の結果
スポンサードリンク

【カープ情報】2015.02.28 広島対日本ハム 練習試合の結果

2015年2月28日に行われた、広島対日本ハムの練習試合の結果(特別ルール)
成績表の打者、投手の合計欄の打率及び防御率は、紅白戦・練習試合のチーム通算の数字となっています。

広   島 000 002 010|3
日本ハム 003 101 210|8

【本塁打】西川、渡邉、中田、石川(日)

カープ先発の大瀬良は、ストレートの走り自体はそこそこだったが、変化球のコントロールがいま一つだったこともあり、変化球の後のストレートを狙われるケースが目立った。
3回には、美間の落球でランナーを許した後に、ほとんどど真ん中のスライダーをライトスタンドに運ばれるなど、3回で3失点というピッチングとなってしまった。
ただ、前回登板時よりは若干良化の兆しは見られる。
昨シーズンのオープン戦でも、ストレートで空振りを取れず、ファールで粘られるシーンは良く見られていた。

ボールになる変化球に手を出してもらえないことも含め、ボールにキレが出てくるまでは、どうしても苦しいピッチングに映ってしまう。

2番手の野村は、3回2失点という結果だったが、内容はずいぶん良くなっている。
大瀬良と野村という、2人のローテーションピッチャーとしての比較として見れば、野村の方が内容は良かった。

飯田は右打者の渡邉にツーランを浴びてしまうが、風に乗って伸びた打球ということもあり、多少考慮しないといけない部分もあるが、やはり先頭の左打者西川にツーベースを打たれてしまったことの方がケアしないといけない。
特に簡単に追い込んでから、フルカウントになるまで勝負を決められなかったことに、改善の余地があると思う。

後は、ランナーを出さない時の今井の安定感には、やはり魅力がある。

それよりも、守備面、走塁面のミスというのがこの試合でも解消されない。
日本ハムにはフリーパス状態で盗塁を許し、また、2アウト2、3塁という状況で、カープ投手陣の武器であるセカンド牽制を逆手に取られるサインプレーで、三塁ランナーを生還させてしまうなど、格好の練習台となってしまった。

死球退場のグスマンの代走で出た美間は、すぐさま牽制死しており、またファースト守備では送球を落球してしまい、そろそろ初の一軍でのキャンプで怖さを感じ始めているかもしれない。

打線の方は、先頭の野間がツーベースを放った6回に、1番から3番が繋がって点が入ったというのは、カープの得点力が上がってくる兆しと見たい。

成績表は速報版です。成績が確認でき次第修正します。
公式記録ではないため、数字が異なることもあると思います。
ポジション変更も全て把握できていないこともあると思いますが、その際はご容赦ください。



   打率
1野間3100.167
2菊池2000.381
 8鈴木将1000.333
33120.222
 4安部0010.267
4グスマン0000.583
 R3美間3000.313
5田中3000.381
6鈴木誠4000.333
7會澤3100.333
 2磯村1000.455
8堂林3100.450
9DH下水流2000.313
 HD小窪1000.067
  合計29430.303
       
投手 防御率
大瀬良3 14413.86
野村3 13425.14
飯田1 6229.00
小野 1/3 1003.38
佐藤 2/3 3113.86
今井1 3002.57
合計     5.01


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター