デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2014公式戦 > 【カープ情報】2014.09.24 広島対ヤクルト 公式戦20回戦 野村CSでの先発に黄信号 
スポンサードリンク

【カープ情報】2014.09.24 広島対ヤクルト 公式戦20回戦 野村CSでの先発に黄信号 

2014年9月24日に行われた、広島対ヤクルトの公式戦20回戦の試合結果

広  島 101 100 000| 3
ヤクルト 010 501 41×|12

勝 杉浦 1勝2敗
負 野村 7勝8敗
S -

【本塁打】菊池11号、丸18号、石原3号、雄平20号、山田26号、27号、西田1号

ヤクルトの先発は、即戦力ルーキーとして期待の大きかったドラフト1位の杉浦が先発。
春季キャンプで故障し、リハビリを経て、今季3度目の先発となるが、過去の登板では2敗しているものの流石の投球を見せており、決して油断の出来ない相手となる。

正直に言えば、この時期にノープレッシャーで投げられるのは非常に嫌なものだが、今日の試合に関しては本調子のピッチングには見えなかった。

もちろん、試合開始が30分遅れ、開始直後には中断となったり、リズムが掴みづらいという影響は大きかったと思う。
序盤はストレートも140キロそこそこで、変化球の曲がりは早く見極めやすい。
点こそ奪うことは出来たが、来季に向けては、本来のピッチング、調子ではなかったと見ておくべきかと思う。

序盤は攻守で対照的となった丸のプレーもあり、カープペースで試合を進められていた。
初回は川端のバックスクリーンへの本塁打性の当りをつかみ取り、一方で3回の打席では、快心の当たりではない打球がギリギリでフェンスオーバーするという、流れの良さもあった。

それが、4回に暗転する。
3対1とリードしての4回裏、野村の投球中に再び雨脚が強くなり、試合を成立させるという意識が強くなって投げ急いだというのが原因の一つだとは思うが、雄平にアウトコースのシュートをライトスタンドに運ばれる。
さらには、今季初スタメンの西田に今季初ヒット、続投のピッチャー杉浦にはレフトフェンス直撃のタイムリーを浴び、山田のスリーランで止めを刺された。
杉浦を打席に立たせたというのは、まだ4回ということと、プロ入り未勝利ということで、チームの勝敗よりも杉浦個人のための続投だったのは、要因の一つであることは間違いないと思う。

その杉浦に対し、弱気にも見えるピッチングをして、決め球が抜けてしまうという失投をしてしまう野村は、CSでの出番が与えられるのか、ということまで考えてしまう。

この時期での中止は出来る限り避けたいという状況の中、ストライクゾーンを広目にし、試合の進行を早めているのは、試合全般の判定として序盤から変わらなかった。

それが、逆転を許した直後に、ストライクゾーンが広いとクレームを付けるのは、ちょっと情けなさを覚えた。
もちろん、実際にはボールに見えたし、エルドレッドの選球眼を疑うものではないのだが。

しかし結果的には、エルドレッドの退場で、見逃し三振となったコースが完全にストライク判定されることになり、ヤクルトバッテリーは好き放題に配球してくることになった。

こういう後に影響してくる抗議をエルドレッドがしているにもかかわらず、ベンチから出ようともしない監督の姿勢からは、勝負を諦めたとみられても仕方ない。

もっともロサリオが序盤に失点につながる落球をしてしまい、脚の状態も考えての途中交代で退き、エルドレッドも退場してしまった打線では、何が何でも勝ちに行く姿勢は見せられないのかもしれないが。

終盤には、西田にプロ入り初本塁打を献上し、捕手を乗せてしまうという、最も避けたい状況にも陥った。

この試合の結果によって、ほとんどの選手は明日以降に影響することはないと思う。
影響がありそうなのは、個人的には3人、頭に浮かんでいる。
さて、誰でしょう?影響がないに越したことはないのだが。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター