デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2014公式戦 > 【カープ情報】2014.09.19 広島対DeNA 公式戦22回戦 エルドレッド久々の34号本塁打
スポンサードリンク

【カープ情報】2014.09.19 広島対DeNA 公式戦22回戦 エルドレッド久々の34号本塁打

2014年9月19日に行われた、広島対DeNAの公式戦22回戦の試合結果

DeNA 120 014 000|8
広島  001 001 012|5

勝 モスコーソ 9勝8敗
負 大瀬良 9勝7敗
S -

【本塁打】梶谷15号、エルドレッド34号

練習中に田中が頭に打球を受け、病院に搬送されたという情報があり、即登録抹消となったということは、少なくとも軽症ではないということなのだろう。

最近はショートのレギュラーとして定着していただけに、この離脱は非常に痛い。
8月のカープの得点源とも言える、7番田中8番會澤が揃って一軍から姿を消し、さらに得点能力の減少が懸念される。
田中については、DeNA先発のモスコーソに対して、8打数5安打と好相性を誇っていただけに、今日の試合から早速影響が大きかった。

モスコーソに対しては、ランナーを出すもののあと一本が出ないのは、過去の対戦の通り。
これを覆すことが出来なかったのは、大瀬良のピッチングか、松山のエラーか、あるいは他の何かが、攻撃のリズムの悪さを作り出してしまったのだろう。

モスコーソがマウンドを降り、勝負の行方が決まってからではあるが反撃を見せ、一方的な敗戦にならなかったことで、ムード自体は悪くならずに済んだことが救いだろうか。
それでも、良かった点もあるにはあった。

若干上昇の兆しが見えていたエルドレッドが、約2か月ぶりとなる本塁打を放つ。
一軍復帰後、2度目の登板となる篠田が2イニングを無失点で抑えた。
ともにシーズン中盤には一軍を離れていたが、今後に繋がる結果を残した2人が、この苦境を救えるだろうか。

また、大瀬良はKOされたのは事実で、ストレートがシュート回転してしまう、悪いときの典型的なボールが行く回があった。
それでも取られた点は自分で取り返すという気概は見せてくれたし、次回登板では修正して臨んでくれるだろう。

小野は先頭打者へは抜けた変化球がど真ん中に入って、レフトフェンス直撃のツーベースを打たれてしまうが、ストレートは140キロ後半を記録したように、球威で押して後続を抑えきったのは見所があった。
今井のポジションにそのまま配置されると思うが、役割を十分こなしてくれそう。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日予想
2017年セ・リーグ
優勝決定日予想

9月18日・・・25%
9月17日・・・25%
9月16日・・・20%
9月21日・・・15%
9月14日・・・5%
9月22日・・・3%
9月13日・・・2%
その他・・・5%

2017年8月23日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター