デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2014公式戦 > 【カープ情報】2014.09.10 広島対中日 公式戦22回戦 野村粘りのピッチングで2連勝
スポンサードリンク

【カープ情報】2014.09.10 広島対中日 公式戦22回戦 野村粘りのピッチングで2連勝

2014年9月10日に行われた、広島対中日の公式戦22回戦の試合結果

中日 100 002 000|3
広島 000 040 00×|4

勝 野村 7勝6敗
負 若松 0勝1敗
S ミコライオ 1勝1敗22S

【本塁打】森野10号

中日の先発は若松で、個人的には初めて見る投手。
丁寧に低めを狙って、纏まった投球をしてくるという印象。

序盤は低めに手を出し、内野ゴロの山を築いてしまったが、2回り目にはしっかり攻略した。
勝利投手の権利がかかった5回裏に崩れてしまったのは、ほとんどの投手が経験する試練。

この隙を逃さず一気に逆転まで持って行ったが、全体的にのびのびプレーをしているという印象はない。
どちらかと言えば、緊張感の中で試合を行っている状況で、決して油断をしない雰囲気は出てきているように思う。

というのも、初回いきなりキラのエラーで試合が始まり、そのエラーがきっかけで中日に先制点を許す立ち上がりとなってしまった。
この1失点が気持ちを引き締めることになったと言えなくもない。

特に野村は、昨日の前田健と同様、決して抜群のピッチングというようには見えなかった。
それでも何とか粘って、気持ちを切らさないようなピッチングを心掛けたようには見えた。

逆転した直後に点を入れられてしまうのは反省材料だが、今日は2安打を放っており勝利への執念は十分見せてくれた。

継投策に移ってからは、戸田は野村の残したピンチを最少失点で切り抜け、中田、中崎、ミコライオはパーフェクトリレーを達成する。
中田は、先日左打者のインコースを狙ったボールがシュート回転してアウトコースに行くケースが多かったが、この試合では修正して見せた。
また、ミコライオは昨日と同じように、先頭打者の当りをファインプレーに救われた。

これで気持ちが乗ってきた感があり、8月後半からの悪い流れから抜け出せそうな雰囲気を感じた。

とりあえず2連勝スタートとなったが、特別な気負いも感じられず、一戦一線大事に戦っていくという言葉通りの試合が出来ているのではないかと思う。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター