デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2014公式戦 > 【カープ情報】2014.09.05 広島対DeNA 公式戦19回戦 ヒース3戦自責点1で2勝目
スポンサードリンク

【カープ情報】2014.09.05 広島対DeNA 公式戦19回戦 ヒース3戦自責点1で2勝目

2014年9月5日に行われた、広島対DeNAの公式戦19回戦の試合結果

広島  100 400 120|8
DeNA 000 000 000|0

勝 ヒース 2勝0敗
負 尚成 0勝6敗
S -

【本塁打】なし

DeNAは今季未勝利の尚成がそろそろ勝つのではないかと言う状況での先発、一方のカープは来日2度の登板で自責点1のヒースが先発し、まずは先制点をどちらが奪うかで、試合の流れが大きく変わってきそう。

特にカープは、首位攻防の三連戦で三連敗を喫し、その流れを断ち切るためにも早めに1点が欲しい。

早速尚成の乱調に付け込み、巨人戦では得点できなかった満塁のチャンスを掴むと、ロサリオの併殺の間に1点を先制。 もちろんタイムリーが出た方が良いに決まっているが、何はともあれ、あっさりと点を奪ったことで呪縛が解けた。

巨人戦でも感じていたが、打線は適材適所な配置に戻せば繋がりだすと思っていたので心配はしていなかった。
それが、相手が変わると4番のロサリオのところで得点が重なり、効率良く追加点を奪っていけた。

この試合では、打線よりも見応えがあったのがヒースのピッチング。
久々に魅せる投球の出来る投手だと感じる。

キャッチャーの構えた所に、どの球種でもコントロールでき、両サイドいっぱいに150キロ前後のストレートを投げ込める。
球速があるのはもちろん、キレもあり、それでいてコントロールミスも少ない。
これだけリズムよく、質も良い投球が出来れば、野手も守りやすい。
たまに甘いコースにいってしまっても、ロサリオ、堂林、菊池など、集中力も高く守備でヒースを助けることが出来ている。

今日の試合でヒースが打たれたヒットは4本だが、打ち取った当たりも含め、完全に捉えられた当たりは非常に少なかった。
対戦が一回りして対策をたてられてからどうなるかは分からないが、現時点ではそう簡単に崩れるピッチングには見えない。

今日の投のヒーローはヒース、打のヒーローはロサリオということで何ら異論はない。

最後に、代打で出場する機会が多い鈴木誠について。
ここまで右の代打は小窪が筆頭となっているが、最近の鈴木誠のスイングの鋭さには成長を感じる。
この優勝争いをしているチームでの出場経験は、大きな糧になると思うので、喰らいついてでも一軍登録を守り抜いて欲しい。







関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター