デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2014公式戦 > 【カープ情報】2014.08.17 広島対巨人 公式戦17回戦 ミスを全員でカバーする逆転勝利
スポンサードリンク

【カープ情報】2014.08.17 広島対巨人 公式戦17回戦 ミスを全員でカバーする逆転勝利

2014年8月17日に行われた、広島対巨人の公式戦17回戦の試合結果

巨人 030 010 000|4
広島 001 010 03×|5

勝 横山 1勝0敗
負 山口 4勝3敗1S
S ミコライオ 0勝1敗18S 

【本塁打】ロサリオ8号

1勝1敗で迎えた第三戦の先発は福井。
立ち上がりは、どうも前回までの登板と違いフォームに力みが見られ、ボールがばらついている。
ストレートの球速こそ145キロ前後を記録するが、伸びは感じない。
結果的に0点で抑えられたが、先頭の長野が三振振り逃げでファーストに走るのが遅れたこと、阿部のライトライナーが野手正面を突いたことなど、運の要素も大きかったように思う。

2回にはもう抑えが利かなくなり、コントロールはボールに聞いてくれとばかりに、組み立ての意図が全く意味を成さないピッチングとなってしまった。

先制して試合を進めるのが理想的なのだが、点を取られても1点ずつという状況ならまだ試合として成り立つ。
抑えられるのは、たまたまというピッチングを先発がしている以上、反撃のムードは高まらない。

ここから逆転勝利をするためには、追加点を与えない、すぐに追いつく、というのが必須条件となる。
今日の福井の調子では、追加点を与えないピッチングは無理と判断したのだろう、2回で福井は降板となった。

一方巨人の先発、江柄子もコントロールに関しては定まらないピッチングをしている。
ただ思いきり腕を振っているので、球威はあるし、ストライクが入る時は低めに決まる。
決して安定感のある投球ではないのだが、3点のビハインドでやや受け身になっていくと、球威があるだけに非常に厄介。

3回からは、3日前に先発し2回途中を投げて試合が中止になっている戸田がマウンドに上がる。
おそらく試合前のプランで、早めに福井が降板するようだと、リリーフするのが決まっていたのだろう。

調子を見れば、2回を1失点で抑えていたとしても交代の可能性のあるピッチングだっただけに、できれば1点でも少ない失点でバトンを渡したかった。

また、江柄子に付け入る隙があるとすれば、コントロールを気にするあまり、腕が振れなくなり、置きにくるボールが増えてくるケースが考えられる。
3回には若干その傾向が見られ、1アウト1、3塁でキラが犠牲フライを放ち1点を返し、さらに4番ロサリオが盗塁を決めチャンスが続くが、梵はショートゴロで追加点はならず。
1点どまりだったが、江柄子の投球内容は徐々に悪くなっている。

ただ同点に追い付けないと、巨人側も早めのリリーフ投入プランを持って試合に臨んでいるはずで、巨人ペースを崩すには至らない。

早速3回で江柄子は交代し、中盤からはリリーフ勝負へと移っていく。
戸田に関しては、再び6人ローテに戻して木曜日の先発するには、2イニング位にとどめないと中3日での先発は厳しくなる。
3回KOの前田健を中5日で木曜日にして、戸田を中4日で金曜日にするローテ再編も考えられるし、戸田をロングリリーフで起用するようなら、中5日で木曜日を前田健、中4日で金曜日を福井、中6日で日曜日を戸田ということもあり得る。

今週に関しては雨天中止も含め、先発6人中3人が3イニング以下しか投げられなかったことで、良くも悪くも流れが変わってきそう。

余談が多くなってしまったが、リリーフ勝負は、どちらも譲らず1失点ずつで試合の流れは変わらない。
序盤の落ち着かない試合展開がすっかり落ち着いてしまい、田中の悪送球によるタイムリーエラーや赤松の走塁死などのミスが出てしまったりと、決してカープにとっていい流れの試合とは言えなかった。

それでも、8回2アウトランナーなしからの逆転劇は、ミスをチーム全体で帳消しにし、エースで負けた初戦を十分取り返すことができた。
これで首位巨人と3ゲーム差に縮まった。
初戦に負けて、もしあとの2戦を勝つことができたら言おうと思っていた言葉を、ここに記したいと思う。

エースよ、チームの勢いに乗ってこい!





関連記事
スポンサーサイト
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/08/17 21:45 ] [ 編集 ]
Re: こんな興奮する試合は久しぶり
ぽくさい様こんばんは。
文面からも今日の勝利が大きかったことがよく伝わってきます。

この三連戦、仮に三連敗だった場合(7ゲーム差)、現実問題としてCS進出に目標を変更しなくてはならないくらい、大事な三連戦だったと思うので、初戦の負けはかなりがっかりしてしまいました。

先日の監督のコメントで、外国人選手が若手選手をのびのび打たせてやるくらい活躍してくれないと、という趣旨の発言をしていたように思いますが、今日の福井の力みまくったピッチングを見ると、マエケン(記事内ではないのでこの表現で)が投手陣を引っ張って、福井、戸田あたりには気楽に投げさせてあげられるような状況になれば、今後の勝ち星の上積みにつながってくるのではないかと思います。

8月の最低目標5割には、まだ2つ負け越しとなっていますが、ぽくさい様の目論見どおり来週は4勝2敗で乗り切れるようだと、8月5割復帰ですので、期待して応援したいです。
[ 2014/08/17 23:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター