デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2014公式戦 > 【カープ情報】2014.08.07 広島対中日 公式戦17回戦 戸田徐々に前進の2勝目
スポンサードリンク

【カープ情報】2014.08.07 広島対中日 公式戦17回戦 戸田徐々に前進の2勝目

2014年8月7日に行われた、広島対中日の公式戦17回戦の試合結果

広島 003 100 200|6
中日 000 000 200|2

勝 戸田 2勝1敗
負 岩田 2勝1敗
S -

【本塁打】會澤5号、田中7号

中日相手だと、途端に拙攻続きとなるカープ打線。
この日は、安部がファーム降格となり、代わって鈴木誠が一軍登録となった。
これに関しては、最近の試合でエルドレッド、梵、堂林といった右打者の安定性が低いことで鈴木誠の登録、左打ちの田中、木村の状態には及ばないという判断で安部の抹消、という側面もありそう。

そう考えれば対右投手ということもあり、この試合のスタメンのように、田中1番もありではないかと思える。
左投手でもスタメン起用されるケースが増えており、元来1番タイプではない堂林と打順を入れ替え、1番が固定できるというメリットもある。

この試合に関しては、打順変更の効果が出たかどうかは微妙なところで、このスタメンを続けていくのがベストかどうかは様子見となるだろう。
ただ、悪くはなさそうな手応えはあった。

ヒットこそ本塁打の1本のみだったが、田中は芯で捉える打球も多く、経験を積めばトップバッターとしても十分やっていけそう。
また、不振を極めていたエルドレッドも、復調とは呼べないまでも、犠牲フライとタイムリーでようやく出口が見え始めた。 4番が繋がれば、得点能力も上がってくる。

そして戸田は、過去の登板でリードしながら、1点を失ったことをきっかけにズルズルと失点を重ねるという反省点を踏まえてのマウンド。
点を失うまでは、ボールの角度、キレもまずまずのピッチングが見られたし、ランナーを背負っても粘り強く投げることが出来ていた。
しかし、7回に1点を失うと途端にバタバタしてしまったのは、やはり残念。
ただ、それでも7回1/3で2失点という投球は、褒められるべきかと思う。

本人のために7回を投げ切らせるのもいいが、やはり勝利投手になることで生まれる自信というものもある。
この試合は、後者を取ったということだろう。

リリーフの中崎は、内野ゴロの間にランナーを返してしまうが、これも状況に応じたピッチングで、冷静に投げられた。
投球フォームも重心が低く、下半身の粘りも十分で、ボールに力が伝わって、ボールの質自体も良かった。

今日の勝利は、悪いところがほとんどない試合だった。





関連記事
スポンサーサイト
>この日は、安部がファーム降格となり、代わって鈴木誠が一軍登録となった。
>これに関しては、最近の試合でエルドレッド、梵、堂林といった右打者の安定性が低いことで鈴木誠の登録、左打ちの田中、木村の状態には及ばないという判断で安部の抹消、という側面もありそう。

2: 名無しさん@おーぷん 2014/08/07(木)08:17:20 ID:5lEI4vdFc
大本営より
ノムケンが8回1死1・2塁で投ゴロに倒れ首をかしげながらベンチに戻ってきた安部に
「実は自打球だったと言ってきた。(審判にアピールしないのは)恥ずかしいプレーだ。2軍に落とします」――

ランナーを返して欲しい場面でこんな事をやらかして激怒したみたいですね
これに関してはプロの意識が低すぎる最低のプレイなので擁護出来ません
[ 2014/08/08 12:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター