デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2014公式戦 > 【カープ情報】2014.08.01 広島対巨人 公式戦12回戦 初戦を取るという執念は感じたが
スポンサードリンク

【カープ情報】2014.08.01 広島対巨人 公式戦12回戦 初戦を取るという執念は感じたが

2014年8月1日に行われた、広島対巨人の公式戦12回戦の試合結果

広島 100 001 000 000|2
巨人 001 010 000 000|2

勝 -
負 -
S -

【本塁打】丸15号、村田12号

今季の東京ドームでの勝敗は3勝3敗と五分となっているが、シーズン当初に上を目指すなら東京ドーム同一カード3連勝を今季中に達成して欲しいとの趣旨の記事を書いたことがある。

そのチャンスは今回を含め、後2回となった。
前田健、大瀬良、福井という先発予想に対し、巨人は菅野、杉内、大竹となっている。
顔ぶれだけみると、とても簡単に達成できるとも思えないが、だからこそ意味があるというもの。

カープのスタメンには石原の名前があり、少なくとも隙を見せるような失点は避ける意図があると受け取れる。
前回こそ打ち込んだとは言え、菅野から点を取るのは難しいとイメージして試合の臨むのが通常の考え。

1回に丸の本塁打で先制し、カープの思い描いたプランを実行するに最も良い形での滑り出しとなった。

また、巨人はこの試合からセペダを一軍復帰、即スタメンとしてきたが、セペダに来日初本塁打を献上したのが前田健。
そういった相性も考えての起用かもしれないが、ファーム降格直前はかなり不調だった。
また守備面でも綻びのある選手だけに、勢いに乗せないためにもしっかり抑えておきたい。

しかし、この試合では1点を大事にする姿勢を見せる選手と、そうでない選手がはっきり見られたのが残念。

天谷の後逸は、最近はあまり見られなかったボーンヘッドで、年に何度かは覚悟しないといけないプレー。
また、追加点を奪っておきたい7回1アウト三塁で、代打起用された岩本が見逃し三振したのは、代打の切り札の選手としては、非常に残念。

と個人の名前を挙げてしまったが、チーム全体としては、追い越されればすぐさま追い付き、1点に対する執念を見せる試合をすることが出来ている。

8回に石原がスクイズを敢行する場面では、一球目にもスクイズを狙ってファールになるが、打球が強すぎて三塁走者の田中の本塁への走塁が全然間に合っていなかった。

それでもあえて三球目にもう一度スクイズを行うが、ファースト守備が相当前進していたことと、打球が強かったことで、やはり本塁生還ならず。

同点で9回裏の巨人の攻撃では、先頭の亀井が左中間を破るツーベースで、一打サヨナラのピンチとなるが、前田健が執念で後続を断った。

何としても勝つという気概は十分に見せてくれたが、先の中日戦同様、勝ちパターンのリリーフ陣をどんどん投入していく展開になると、得点を奪うのが難しくなる。
得点のチャンスを逃し続け、勝ち越し点を奪う機会は何度もあった。
同点となってからは、お互いの意地がぶつかった試合で、今回も3連勝はならず。
上に行くには、まだ何かが足りないということになると思うが、少なくともマイナスではない。
明日の試合で、今日の粘りを引き継いだ戦いを見せてもらいたい。

それにして、巨人投手陣の死球4つは多過ぎではないか。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日予想
2017年セ・リーグ
優勝決定日予想

9月18日・・・25%
9月17日・・・25%
9月16日・・・20%
9月21日・・・15%
9月14日・・・5%
9月22日・・・3%
9月13日・・・2%
その他・・・5%

2017年8月23日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター