デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2014公式戦 > 【カープ情報】2014.07.31 広島対中日 公式戦14回戦 中日の投手力に屈する
スポンサードリンク

【カープ情報】2014.07.31 広島対中日 公式戦14回戦 中日の投手力に屈する

2014年7月31日に行われた、広島対中日の公式戦14回戦の試合結果

中日 000 402 000|6
広島 031 000 000|4

勝 岡田 3勝7敗
負 中崎 0勝1敗1S
S 岩瀬 0勝2敗20S

【本塁打】キラ10号、和田16号

カープ先発の戸田は、プロ入り初勝利を挙げた次の登板でも、試合を作ることが出来た。
大きく伸びるタイミングに差し掛かっているように思え、この試合は形はどうあれ戸田に勝ち星が付くようだと今後乗っていきそうな雰囲気を感じる。

このところの戸田は、立ち上がりに関しては制球を乱すケースが少なく、割と安定したピッチングを見せている。
問題はピンチを背負った時に、粘れるかという点が一番の課題となる。

4点リードの4回に、先頭の和田にソロホームランを浴びると、連続ヒットと四球で満塁のピンチ。
この四球の場面は、頭の整理がつかず、打ち取ろうという意識を持って投げていたようには見えなかった。

ピンチの場面でも落ち着いて、ある程度余裕を持って投げるという姿が見えなかったのは、少し残念に思う。
一挙に4点を失い同点に追いつかれたものの、崩れたのがこの回だけならば、戸田に大きなダメージが残らず、一応次回登板の糧にすることもできる。

戸田は5回にも先頭のエルナンデスにヒットを打たれてしまうが、前の打席で本塁打を打たれた和田を、今度は併殺に打ち取り、僅かながらもリベンジを果たした。
しかし、4回からコントロールを乱し始めた戸田は、2アウトから森野に四球を与えてしまい、ここで交代となった。

今日の戸田は、良い面と悪い面の両方が出て、すっきりとしたピッチングとはいかなかった。
次回は攻める気持ちを出したピッチングを見せてもらいたい。

同点となったことで、戸田対伊藤準という対決から、中崎対岡田というリリーフの2番手勝負となる。
しかし、岡田がしっかりとカープ打線を封じたのに対し、中崎は2連続タイムリーヒットを浴び一気に形勢不利に追い込まれた。

中崎は下半身の粘りがないのか、重心が高く突っ立って投げているようなフォーム。
過去2シーズン同様、こういうフォームのときの中崎は、低めを狙うと低めに外れ、コースを狙うと真ん中に入る。

今日の敗戦は、詳細は違うが7月13日の中日戦と似ているところがあり、4点先制したのち、先発投手が粘り切れずに追い付かれ、中日のリリーフ陣に抑え込まれている間に逆転を許してしまうという、相手の得意な形にいつの間にか持ち込まれている。

この負け方は、精神的に苦しいものがあるが、混戦状態が続くセ・リーグでは、引きずらないことが大事。
もちろん、この隙に混戦から抜け出せるに越したことはないのだが。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日予想
2017年セ・リーグ
優勝決定日予想

9月18日・・・25%
9月17日・・・25%
9月16日・・・20%
9月21日・・・15%
9月14日・・・5%
9月22日・・・3%
9月13日・・・2%
その他・・・5%

2017年8月23日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター