デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2014公式戦 > 【カープ情報】2014.07.29 広島対中日 公式戦12回戦 延長戦無敗神話が途切れる
スポンサードリンク

【カープ情報】2014.07.29 広島対中日 公式戦12回戦 延長戦無敗神話が途切れる

2014年7月29日に行われた、広島対中日の公式戦12回戦の試合結果

中日 010 000 000 2|3
広島 000 001 000 0|1

勝 又吉 6勝1敗
負 中田 7勝4敗
S 岩瀬 0勝2敗19S

【本塁打】丸14号、松井佑2号

カープ先発の野村は、前回の中日戦では4点リードを守り切れず、序盤KOと不本意な投球となっている。
また、中日の先発朝倉と野村は、防御率が5点台と4点台となっており、数字だけ見ると打ち合いで終盤までもつれる展開も予想できる。

オールスター明けから、全試合で會澤がスタメンマスクとなっているが、その間アクシデントで降板した大瀬良以外の先発投手は5回以上を投げ切っている。
今季、野村と會澤のバッテリーは3回目となり、1回目はKO、2回目は悪いながらも粘りの投球、今回こそは息の合ったピッチングを見たいタイミングではある。

立ち上がりは、両投手とも三者凡退でリズムも良く、最近の長時間ゲームの連続を考えると、投手戦の方が有難い。
今日の野村は内野ゴロが多く、打たせて取るというピッチングが出来ていた。

2回こそヒットが集中して1点を失うものの、今日のピッチングは今季一番と言えるほどの内容。

こういうピッチングが出来るならば、今後の野村は期待できそう。

ただ、今日のカープはやや攻撃面で空回りするシーンが見られた。
菊池の走塁死、送りバントの失敗など、1点を取りに行く作戦を実行しても、その1点が非常に遠くなってしまった。
四球で出塁するケースが多く、塁上をにぎわせた割には自滅してチャンスをつぶしてしまった印象が強い。

野村、一岡、ミコライオが好投しながら、多くのチャンスをつぶして敗戦となれば、投打のかみ合わない試合となりかねない。
逆に8回まで4安打の打線で、勝ちきってしまえば、試合途中の拙攻もなかったことに出来る。

ただ、9回裏の攻撃も、サヨナラのランナー天谷をセカンドに進めようと、盗塁を仕掛けて失敗してしまい、今日は一事が万事このような結果になってしまった。

それでも今季無敗の延長戦に突入することにはなった。
しかし、中田はボールのキレ以前に、体が重そうに見える。
特に松井佑に勝ち越しツーランを打たれてからは、ガタガタと崩れていく様子が見て取れ、これで中田は7月に登板した10試合中6試合で失点と、ちょっと苦しくなってきた。

一方で今日の一岡は、セットアッパーとして信頼できる投球をしていたように見えた。
この間に、中田は最短の10日間の抹消で、リフレッシュさせることも考えないといけない時期かも知れない。

序盤からの試合の流れから考えると、いかに延長戦無敗神話があろうとも、2点のビハインドを跳ね返す力は残っていない。
ただ、セ・リーグの4強状態を考えると、連敗はもちろん、単なる1敗を大きく引きずらないことが重要で、仕切り直して明日の試合に向かっていければ、何の問題もない。
守備では良いプレーを随所に見せてくれていただけに、点が取れなかったのは夏の暑さのせいと割り切ってみる。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日予想
2017年セ・リーグ
優勝決定日予想

9月18日・・・25%
9月17日・・・25%
9月16日・・・20%
9月21日・・・15%
9月14日・・・5%
9月22日・・・3%
9月13日・・・2%
その他・・・5%

2017年8月23日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター