デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2014公式戦 > 【カープ情報】2014.07.27 広島対阪神 公式戦13回戦 福井完投勝利
スポンサードリンク

【カープ情報】2014.07.27 広島対阪神 公式戦13回戦 福井完投勝利

2014年7月27日に行われた、広島対阪神の公式戦13回戦の試合結果

阪神 100 000 000|1
広島 040 011 00×|6

勝 福井 1勝1敗
負 メッセンジャー 8勝8敗
S -

【本塁打】なし

久しぶりに一軍での先発となる福井だが、最近のカープは中継ぎの登板が多くなっており、また試合時間も長いことも多く、投手野手共に体力的に厳しいのは間違いない。

福井には勝敗以前に、リズムのいい投球を期待したい。

その福井の立ち上がりは、ストレートの球速は140キロ中盤で、数年がかりで取り組んでいるコントロール主体の投球から大きく変わった様子は見られない。

鳥谷に右中間を破られるツーベースであっさりと先制を許すと、ゴメスには初球をデッドボールと不安を感じさせる。
ところが、ストライクゾーンの左右の制球はアバウトだが、高低のコントロールはほぼ低めに制球されていた。

左打者に対しては、シュート回転のボールが多く引張り切られる打球が多く見られるが、右打者に対してはあれだけ低めに投げられれば、大けがはないボールの質をしていた。

また、対メッセンジャーということで序盤から援護することは難しいとは思われたが、弱点とも言える立ち上がりの不安定さをようやく捉える事が出来た。
一挙4点をとって、逆に3点差となったことで、先発もそれなりに長いイニングを投げられる。

少なくとも序盤KOということがなければ、この試合に関しては十分と思っていただけに、この打線の援護は福井に勇気をもたらしたに違いない。

最大のピンチは5回の表、1アウト1、2塁で鳥谷を迎える場面。
この回からボールが浮き始め、甘いコースが多くなってきていた。
勝利投手の権利がかかってはいるが、どのコースに投げてもボールがバットに吸い寄せられるようにヒットを打たれている鳥谷に対しては、チームの勝利を優先するなら交代もあるかと思ったが、力で抑え切った。

ここが勝負の分岐点と捉えてよさそうで、課題の左打者、それも鳥谷を打ち取ったことで、次の回も福留、伊藤隼を抑えるなど、完全に勢いに乗った。

7回に来ても、球数も少なく、球速も140キロの後半を記録し、ストレートの球威だけで抑える余裕も出てきた。
もっとも力押しのピッチングをすると、時折すっぽ抜けるボールが多くなってしまうが、今日はそのストレートのすっぽ抜けの後は、スライダーが低めに決まるケースが多く見られ、これがこの日の好投の一番の要因かと思う。

どこまで福井を引っ張れるかという思いもある中、結局9回を投げ切り、大瀬良に続き今季2人目の完投勝利。
1戦目、2戦目ともあれだけ前田健と大瀬良、およびリリーフ陣が苦労していた阪神打線を1点に抑え、リリーフを休ませる意味でも、今季一番の仕事をやってのけた福井は見事だった。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター